【厳選】エレファントカシマシ(エレカシ)のアツくない名曲10選!

クールなエレカシ
スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

エレカシといえばなんでしょうか?

はい、そこのあなた。

アツさ?

半分正解!

ただ僕はアツいだけじゃ好きになれなかったです。

むしろ、アツすぎて最近まで避けてた。

「うわ…あつくるしい…」みたいな感じで。

ただ、「悲しみの果て」を聴いて、気づきました。

泣ける。

エレカシが持つ最大の特徴は「情緒」なんだ!!!

てわけで、クールで泣けるエモいエレカシを10曲紹介します。

 

スポンサーリンク

悲しみの果て

 

はい、まずはド定番。

「今宵の月のように」が有名ですが、僕は断然こちらの方が好き!

エレカシしか作れないと思うんですよね〜、この曲。

男臭さがありつつも、感情を直に揺さぶるような歌詞とメロディ。

これぞ音楽。

 

スポンサーリンク

moonlight magic

 

エレカシ大好きになったきっかけ。

涼しい夜を歌っていて、秋のような気配。

「エレカシ=汗まみれ」みたいなイメージだったので、ギャップにやられました。

ボーカル宮本はエモーショナルなだけでなく、優しい歌声も使えるんですよね。

 

風と共に

 

最新アルバム「Wake Up」に収録。

 

まさかのNHK「みんなのうた」で放送されていました。

デビュー30周年を過ぎても名曲を生み出す、バンドとしての強さが爆発しています。

エレカシ流の爽やかソング。

晴れた穏やかな日に聴きたいです。

 

きみの面影だけ

 

出だしはマイナー調で、途中で入るピアノも不協和音っぽくて不気味。

しかし、「遠い面影」という歌詞の部分から、一気にエレカシのメロディラインになります。

エレカシの中でも、毛色が特殊なイメージの曲。

僕は大好き。

 

面影

 

1つ前に紹介した、「きみの面影だけ」とは別の曲。笑

こちらも暗めのアレンジです。

「哀愁」って言葉がピッタリで、いい意味でエレカシのイメージを裏切るでしょう。

ピアノをメインに使っていますが、ベースラインやギターも聴きやすく、音量バランスが最高。

 

 

夢のかけら

 

「悲しみの果て」「今宵の月のように」以外で、初めて「エレカシいいな」と思った曲。

AメロからBメロにかけてのアレンジが死ぬほど好き。

ギターとベースと歌メロのフレーズ、すべて神じゃないですか?

歌詞では、ギターソロ終わりの部分が最高ですね。

過ぎ行く季節も ため息の日々も 君の笑顔だけ 胸に抱き働いてる

飾らないカッコよさ。

 

孤独な旅人

 

日本人でよかったと思える曲。

他国の人じゃ絶対出せないような、ノスタルジーがダダ漏れ。

ただただ前向きな曲よりも、元気をもらえます。

 

四月の風

 

イントロのギターから、懐かしさが匂いますね。

この曲も、Aメロ・Bメロが好きです。

 

はじまりは今

 

歌メロが淡々としているのですが、なぜか泣ける不思議な曲。

サビ終わりで一気に裏声で高音に上がるなど、地味に高度な技術を見せてくれる。

 

翳りゆく部屋

 

ユーミンのカバー。

原曲が良いのはもちろんですが、宮本の「歌の上手さ」がよくわかります。

音程の上下が激しいけどハズさないし、Aメロはアンニュイに歌うなどの表現力もすさまじい。

 

エレファントカシマシ(エレカシ)のクールな名曲10選!

風になびくタンポポの綿毛

 

紹介した曲をまとめます。

エレカシクールな名曲10選
  1. 悲しみの果て※
  2. moonlight magic
  3. 風と共に
  4. きみの面影だけ
  5. 面影
  6. 夢のかけら※
  7. 孤独な旅人
  8. 四月の風※
  9. はじまりは今
  10. 翳りゆく部屋※

※マークのものは、以下のベストに収録されています!オススメ!

 

「あつくるしいのがイヤ!」という人も、少し見方が変わったでしょうか?

僕のゲキ推しは、やっぱり「moonlight magic」ですね。

ぜひ、エレカシ聴いて!!!

いいから!!!

 

Twitterフォローしてね!!!

有益な無益をつぶやくよ↓↓↓

スポンサーリンク