侍エンジニア塾は、転職じゃなくてフリーランスを目指す人におすすめ

スポンサーリンク

 

こんにちは、エンジニアにょけん(@nyoken_box)です。

侍エンジニア塾の6ヶ月コースに通い終えました。

で、そんなリアル受講生が感じた印象としては、侍エンジニア塾はフリーランスや起業を目指す人向けってこと。

転職が目的の方には、他塾のがおすすめ。


理由について、書いていきますね。

 

スポンサーリンク

侍エンジニア塾は、なぜフリーランス志望におすすめ?

理由は大きく2つあります。

 

現役フリーランスエンジニアによるマンツーマンレッスン


まず、侍エンジニア塾では、講師が全員現役のフリーランスエンジニアです。

しかも、レッスンはマンツーマン。

フリーランスを目指す人にとって、これ以上の環境はないです。

なぜなら、フリーランスのリアルについていろいろ聞けるから。

僕も、さまざまな質問をしました。

フリーランス案件を獲得するコツ、ポートフォリオの作り方、さらには税金関係まで。

こういうプログラミングとは全然関係ない質問にも、講師はちゃんと応えてくれます。

例えば僕は、格安料金をふっかけてくるクライアントの見抜き方、確定申告のタイミングや注意点などまで教えてもらいましたね。

具体的な経験も踏まえて、生の言葉でお話ししてくれるため、かなり響きます。

裏表含めたフリーランスのリアルがわかるので、「フリーランス」っていう漠然とした言葉に、現実味を持たせることができるんですよね。


他のプログラミング塾は大学生が講師だったりするので、コレは侍エンジニア塾独自の強みです。


 

教材はゴミだけど、教材を超える実戦レベルの技術が身につく

侍エンジニア塾に入ってビックリすることの1つとして、教材がゴミすぎるってことがあります。

情報が2015年時点のもので、今は全く使えない知識だったり。

この辺の詳細は、「侍エンジニアに6ヶ月通った感想。会社はゴミ、講師は神。」という記事に詳しく書きましたので、よろしければご一読を。

でまぁ上の記事にも書いたんですが、教材はゴミだけど、講師がすごいので教材を超えた知識をどんどん教えてくれるんですよ。

僕なんか、途中から講師に教えてもらう知識の吸収がメインで、教材を使った学習がサブになりましたね。

それくらい、講師の方はすごい。

しかも、最新の技術に詳しいから面白いし実戦でも使えます。

フリーランスは技術力が物を言いますので、フリーランス志望者にはかなりのメリットですね。

 

一方で、侍エンジニア塾は転職志望者には不向きです。

次章で理由を述べますね。

 

スポンサーリンク

侍エンジニア塾は、なぜ転職におすすめできない?

こちらも理由は2つあります。

 

料金が高いのに、転職保証がない

侍エンジニア塾は、他のプログラミング塾に比べて料金が高いです。

まぁこれは、「現役フリーランスエンジニア」「マンツーマン」というメリットに対する料金設定なので、仕方ありません。

が、高い割に、転職先を保証するみたいなサービスがないです。

そもそも、侍エンジニア塾は転職者に向けた特化サービスじゃないですしね。

なので、転職ノウハウを持ち合わせてサービス化している他塾に通った方が断然いいです。

 

侍エンジニア塾では、グループ開発の経験が得られない

マンツーマンレッスンというメリットの裏返しになりますが、侍エンジニア塾はグループ開発の経験ができないんですよ。

これが転職には結構イタい。

会社って1人で開発することはなく、基本的にグループ単位でプログラムを作るんですよね。

だから、グループ開発の経験がないことは、即戦力が求められる中途採用にはデメリットなんです。

なので、グループ開発がカリキュラムにある塾の方が転職に有利です。

 

転職志望者におすすめのプログラミング塾は?

せっかく転職の話をしたので、おすすめのプログラミング塾を紹介しておきます 。

 

WebCampPRO(ウェブキャンププロ)

基礎学習(1ヶ月)→グループ開発(1ヶ月)→個人開発(1ヶ月)→転職活動3ヶ月というカリキュラムです。

転職保証つきで、なんと転職できなかったら全額返済という自信満々ぶり。

就職先も、チームラボやクラウドワークスなど、面白そうなところが多そうですね。

面接対策もみっちり3ヶ月あるので、自分が希望する会社に行ける可能性が高いです。

しかも、自己分析や履歴書添削などは、1〜3ヶ月目の学習・開発期間と並行してやってくれます。

だから、転職活動は3ヶ月といいつつ、実際は6ヶ月まるまる転職サポートしてくれるイメージですね。

学習面のカリキュラムもよく考えられていて、「グループ開発」「個人開発」の両方を経験できます。

先述しましたが、手分けして1つのプログラムを作るグループ開発の経験は、転職面談で圧倒的に有利ですよ。

料金は「498,000円(分割は23,220円/月からOK)」とそれなりに高いですが、WebCampPROは無料面談を実施しているので、まずはこちらに行ってみると良いでしょう。

僕も行きましたが、今のIT業界やエンジニアの地位、カリキュラムや料金などなど、印刷資料に基づいてしっかりと説明してくれましたよ。

「未経験でも本当に大丈夫か」といった質問もしてみると良いでしょう。

 

プロエンジニア

無料でプログラミングを学べる上、転職保証もつくという夢のようなスクール。

ただ、やっぱり無料なので転職先は怖いですね…

無料の理由を一生懸命説明しているサイトとかもありますが、根本的にそんなうまい話はないと思います。

一応こちらも無料面談に行きましたが、WebCampPROに比べるとお堅いイメージ。

講師が教科書に沿って、黙々と進めるような印象を受けました。

ただ、プログラミングの基礎を無料でがっつり学べるのは事実なので、金欠の方にはありがたいでしょう。

グループ開発もできるみたいですし。

 

まぁ、お金に余裕があるならWebCampPROがおすすめです。

「金銭的にどうしても厳しい!」という場合は、プロエンジニアで習って就職して、ちょっとだけ我慢して働いて辞めちゃうとかもありかも?

 

侍エンジニア塾の「無料体験」も試す価値アリ

侍エンジニア塾でも、「無料体験」が可能です。

といっても、実際にプログラミングを教えてもらうわけではありません。

無料体験では、プログラミングを習うことの疑問解決・ヒアリングを行います。

  • 「プログラミングでどんなことができるのか?」
  • 「本当に未経験からフリーランスになれるのか?」
  • 「自分の理想としている生活を実現するのは可能か?」

こういった部分を深く掘り下げてもらうことができるんですね。

で、これがまぁ懇切丁寧で素晴らしいんですよ。

実際、僕も入塾の決め手となったのはこの「無料体験」です。

何を訪ねても、しっかり答えてくれるんですよ。

僕なんかズブの素人なので、「プログラミングでどんなものが作れるのか、ぶっちゃけ全然わかりません…」と伝えました。

すると、実際に未経験から受講した生徒さんの作品や活躍ぶりを交えて、どんなものを作ってどんな働き方ができるかをわかりやすく教えてくれました。

極めつけは、こんな僕へのヒアリング情報を参考にして、僕用の受講スケジュールを1週間かけて考えてくれたんですね。

完全オーダーメイドのスケジュールです。

しかも、ここまで含めて無料。

最初のヒアリングと、その後のスケジュール作成報告で、実質2回の無料体験ができるわけですよ。

普通は無料体験なんて1回きりなので、「ちょっとこれはすごいな」と素直に思いました。

とにかく、「無料なのにここまでフォローしてくれるん?!」とびっくりしましたね。

色々悩みや疑問を聞いてもらうだけなら無料なので、侍エンジニア塾の無料体験はマジでおすすめですよ!

(しかも、なんかよくわかんないけど無料体験するだけでAmazonのギフトカード1000円分もらえます。笑

 

まとめ

まとめます。

おすすめ塾

フリーランス・起業志望
侍エンジニア塾

転職希望(金銭的余裕あり)
WebCampPRO

転職希望(金銭的余裕なし)
プロエンジニア

まぁ、何はともあれ無料体験で色々聞いてみるといいかと思います。

幸いどこの塾でも無料体験ができますので。

エンジニアに可能性を感じるのであれば、まずは無料でできる部分から行動してみるといいかと思います。

モヤモヤしているだけっていうのもツライと思いますのでね。

 

Twitterフォローしてね!!!

有益な無益をつぶやくよ↓↓↓

にょけん

スポンサーリンク