【ジャニーズソングを侮る無かれ】V6の人気曲・おすすめ曲5選!

スポンサーリンク

こんにちは。

スピッツファンクラブ会員のにょ犬(@nyoken_musicbox)です。

今日はスピッツから離れた記事です。

 

音楽好きの皆さん。

特にロックや洋楽インディーを好きな皆さん。

ジャニーズ聞いてますか??

 

「ジャニーズ??SMAPを破滅に追い込んだとこでしょ??」

くらいの認識かもしれません。

 

甘い。

 

ジャニーズナメるとヤバいです。

ジャニオタにボコられます。

やつらは強い。

 

コンサートのためなら東奔西走。

北海道から沖縄、果てはアジア圏まで、

平気で飛んでいきます。

 

グッズも自作。

各々アレンジを施したうちわ。

これを高々と掲げ、意気揚々と戦場に出ます。

その姿、もはや武将。

 

テレビでコンサート映像が流れた時、

100色のLEDで光るうちわを見ました。

もう1人エレクトリカルパレードです。

正面に顔写真がありましたが、

光りすぎて推しが誰か不明でした。

 

とにかく、下手なことを言うとボコられます。

音楽の話が大好きな皆さんには、

是非ご注意いただきたい。

 

さて、本題。

 

前段であれこれ書いたジャニーズですが、

事務所としての実態はともかく、

楽曲のクオリティは確かです。

10曲に1曲くらい「これは!」となる。

そんな曲をアーティストごとにお伝えします。

 

記念すべきシリーズ1回目は、、、

 

V6

 

曲自体も、アイドルとしても、1番好きです。

世代ですからね。

「学校へ行こう!」超見てました。

MAXになってからの失速具合も含めて。

 

ちなみに好きといっても、ベスト盤を聞くレベルです。

中途半端な知識です。

「アルバム曲の〜」とか

「ソロ曲が〜」って話になると黙ります。

ジャニヲタの皆様、素人を優しく迎え上げてください。

ボコボコにしないで。

では5つ見ていきましょう。

 

Feel your breeze

V6の「柔らかさ×爽やかさ」を極限まで活かしています。

この曲、V6にしか似合わないんですよね。

SMAPやTOKIOには爽やかすぎる。

作詞・作曲・編曲、全てがV6向けに練り上げられています。

こういう曲を聴くと、プロデューサーって大事だなと感じます。

曲自体にも「すごいな」と思うポイントが。

それは、出だしのフレーズがサビではない点。

ド頭にインパクトがある歌メロ。

これもう絶対「ここがサビか」って思います。

でも聴き進めると違う。

恐ろしいクオリティですよこれ。

 

サンダーバード

はい来ました。

「学校へ行こう!」ガチ勢の皆さんお馴染み。

灘高校の学生6人(通称:灘6)が、V6のダンスを踊る企画で使用された曲。

 

この曲、実はなんかダークですよね。

インディー好きな人ほどハマります。

Aメロのバックで鳴ってるシンセとか、不穏な感じしかしない。

Bメロで歌メロは綺麗になりますが、楽器は相変わらず切ない。

何ですかねこのアレンジ。不思議です。

「サビでガツンといくのか!?」

と思うとそうでもない。

逆にうまい具合に落ち着かせるんですね。

こんな曲聞いたことないです。

ちなみにドラムは神がかっていて、バスドラの位置とか完璧です。

 

ありがとうのうた

 

個人的にジャニーズで1番良い曲だと思う。

TAKE ME HIGHERから一転、音数の少なさが際立ちます。

メンバー1人1人の声がよく届く。

経験を積んで歌が上手くなってきたV6を、自然な形で表現しています。

曲としてすごい点は、ラストサビの転調が自然すぎること。

メロディが半音上がることで、

今までのサビよりも6人の声が少し張り上げ気味になるんですよね。

これがまたエモい。

一生懸命さが歌声から伝わってきます。

 

TAKE ME HIGHER

ウルトラマンティガの主題歌。

長野くんが主役でしたね。

楽器が重厚。

これジャニーズ??ってくらい重厚。

まずドラムがすごくて。

打ち込みだけど走りがちっぽいアレンジなんです。

作曲ソフトを使った経験があれば分かると思いますが、

これはかなり難しい。

機械的なのにヒューマニズムを感じます。

 

ギターも面白い。

80年代の洋楽っぽい音を上手く入れています。

音作り神がかってる。

右に振られたリードギターが、割と好き勝手暴れていてクール。

 

ジャスミン

※歌「07:25~」です。

美メロ。毒素がゼロなんですよね。

これって今じゃ本当に珍しいです。

「良い曲」は世の中もう出尽くしていて、どうしてもクセや個性が評価に繋がります。

ちょい昔で言えばORANGE RANGEとか。

最近で言うと、岡崎体育、水曜日のカンパネラなど。

ゲスの極み乙女、SEKAI NO OWARIあたりも一癖あります。

 

一方で「ジャスミン」は真逆。

エグみを徹底的に削ぎ落とすことで、

「純度100%の極上スープ」を作り上げています。

 

まとめ

V6が誇る人気曲を5つ紹介いたしました。

V6の楽曲はクオリティが高く、音楽好きにも評価されています。

ジャニーズというだけで食わず嫌いしていた方、もったいないので聞いてみましょう。

 

にょ犬

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)