元早稲田生が推薦!高田馬場のこってり濃い味ラーメンおすすめ5店

スポンサーリンク

 

こんにちは。

ラーメンマンの異名を持つ(目が細いから)にょけん@nyoken_boxです。

 

漢のロマン。ラーメン。

今回は中でも「高田馬場×こってり」をキーワードに5店紹介します。

 

高田馬場は、ガタイの良い学生、脂の乗ったサラリーマンなど、濃い味を欲する求道者が多い。

そんな彼らを手助けするべく、高田馬場に5年間通いつめた「ババニスト」として立ち上がりました。

ババニスト常に心に高田馬場を想う優しきクリーチャー

 

留年してまで高田馬場を手放さなかったのはラーメンのため。

いざ参らん。

 

 

1.こってり度合いをベースにランキングにしました。おまけで個人的なおすすめ度も載せておきます。

 

2.以下のフォーマットでざっくりとラーメン分析も紹介しています。ご参照あれ。

 

例:【○○(店名):分析】

  • おすすめメニュー:チャーシュー麺
  • 値段:900円
  • 麺:太麺
  • スープ:濃厚豚骨
  • 玉子:半熟
  • チャーシュー:脂身多め
  • その他:野菜トッピング無料

スポンサーリンク

 

5位「渡なべ」

(おすすめ度:1

[nyoken url=”https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13000121/”]

 

はい。

いきなりこってり度5位に対して、おすすめ度1位という展開に。

いかに見切り発車で書き出した記事か分かりますね〜。

 

「濃厚魚介豚骨×上品」なスープ。

 

 

 

濃厚なのに上品?という声が聞こえてきますが、そうなんです。

魚介の臭みを120%旨みに変換しています。

他店に比べて旨みの出し方が圧倒的に上手。

とにかくスープが美味い。

鰹(かつお)ベースなので、お好み焼きにかつお節を引くほどかける族は脳が震えるほど喜ぶでしょう。

 

麺は固めの中太麺で、小麦感が強いです。

これがまた上品なスープに絡む絡む。

もう凄腕のホストくらい嫌味なく絡む。

都内No.1ホストは高田馬場にいたんですね。

ちなみに、麺とスープの一体感が店の持ち味なので、つけ麺よりもラーメンが断然おすすめです。

 

【渡なべ:分析】

  • おすすめメニュー:味玉ラーメン
  • 値段:930円
  • 麺:中太麺
  • スープ:鰹(かつお)ベースの魚介豚骨
  • 玉子:中トロトロ
  • チャーシュー:薄切りながら満足感あり
  • その他:メンマがビビるくらいデカイ

 

4位「博多ラーメンばりこて 高田馬場店」

(おすすめ度:4位)

[nyoken url=”https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13174766/”]

 

「とにかく早く食べたい!」って人はここです。

注文から商品提供までが早い早い。

サイゼリヤも5度見するくらいの早さ。

ランチタイムに時間がないサラリーマンの皆様にもおすすめです。

 

味は本格的な博多ラーメン。

入店時から、博多ラーメン独特の香りがします。

一風堂や一蘭などに物足りなさを感じる人には、ぜひ一度ご賞味いただきたい。

博多ラーメンの概念が覆るかもしれません。

 

【ばりこて:分析】

  • おすすめメニュー:焼麺玉子ラーメン
  • 値段:760円
  • 麺:細麺
  • スープ:脂身多めの豚骨
  • 玉子:中身までしっかり火通し
  • チャーシュー:薄切りながら満足感あり
  • その他:ネギのアクセントが粋

 

3位「焼麺 劔(やきめん つるぎ)」

(おすすめ度:2

[nyoken url=”https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13121750/”]

 

ここらでイレギュラータイプのラーメンを挟んでおきましょう。

最大の特徴が「麺を焼いている」こと。

単なるパフォーマンスと侮るなかれ。

焼くことで面白い効果があるんです。

それは、1食で2回楽しめる。

どういうことでしょうか?

 

「麺を焼いている」といえど、焼きそばのごとく全体を焼いているわけではないんです。

どちらかというと、バーナーで表面を焦がすようなイメージ。

つまり、器の中で、焼いてある麺が上部、焼いてない麺が下部にある。

よって、初めは焼き麺のパリパリを堪能し、後半はシンプルなラーメンを楽しめる。

一石二鳥。

替玉や追加メニューではなく、一品で2回楽しませるとは頭が下がります。

なお、目玉焼きが乗っている目玉焼麺の人気が高いです。

 

なお、焼き麺はパリパリの方がおいしいので、時間を置かずに食べた方がよいです。

 

【焼麺 劔:分析】

  • おすすめメニュー:目玉焼麺
  • 値段:840円
  • 麺:太麺
  • スープ:濃厚ベジポタ
  • 玉子:半熟目玉焼き
  • チャーシュー:焦がし跡が香ばしくジューシー。
  • その他:半分麺が焼かれている

 

2位「旨辛ラーメン表裏 高田馬場店」

(オススメ度:5位)

[nyoken url=”https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13161818/”]

 

好き嫌いが真っ二つに分かれます。

「This is こってり」を体現したラーメン。

だって、

ラーメンに唐揚げが乗っていますもの。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>2月9日は肉の日〜🎵<br><br>本日は高田馬場にある旨辛ラーメン表裏さんに<br>日付が変わる前にお邪魔してきました<br><br>あんかけDXの中盛りヤサイマシニンニク増しを注文したところ<br><br>まだ半分食べ終わらない頃に<br>差し入れがありました😍<br><br>だーい好きなもやしさん❤<br>めちゃ美味しく頂きました<br>ごちそうさまです🎵 <a href=”https://t.co/JqVjfmTRWq”>pic.twitter.com/JqVjfmTRWq</a></p>&mdash; Kureha (@Kureha_tann) <a href=”https://twitter.com/Kureha_tann/status/962004738232340482?ref_src=twsrc%5Etfw”>2018年2月9日</a></blockquote>
<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

 

さらにカレーが入っていますもの。

 

 

「こってりonこってり」的な組み合わせに嫌悪感がなければ、絶対ハマるタイプの味。

カツカレーとかオムハンバーグとか好きな人ですね。

わんぱく坊主の発想をそのまま器にぶつけたような品々が出てきます。

 

メニューが豊富なので、とりあえず入れば食べたいものが見つかるのも魅力ですね。

また、辛めのラーメンも守備範囲内なので、辛党の方も楽しめるかと。

 

【旨辛ラーメン表裏:分析】

  • おすすめメニュー:目玉焼麺
  • 値段:840円
  • 麺:中太麺
  • スープ:測定不能(メニューによって味が変わりまくる)
  • 玉子:なし
  • チャーシュー:脂身たっぷり。いわゆる二郎系。
  • その他:味のビックリ箱や〜!

 

1位「麺屋武蔵 鷹虎(たかとら)」

(おすすめ度:2

[nyoken url=”https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13035651/”]

 

つけ麺ラバーズの皆様、お待たせしました。

濃厚魚介豚骨つけ麺です。

 

 

 

二郎と双璧をなすこってり界のレジェンド「武蔵」系列のお店。

武蔵系列店では、新宿本店とこの「鷹虎」が群を抜いてレベル高いです。

 

早稲田大学に入ったらまずはここに行けと言われる登竜門。

味は普通と濃厚がありますが、普通でも十二分に濃いのでお好みで。

「魚介感が強いほど好き!」って方は濃厚が良いでしょう。

 

なお、麺は並・中・大・特盛から選べて、特盛は1kgです。

 

糖質ダイエットに真っ向から勝負を挑むラーメン界の切り込み隊長です。

 

【麺屋武蔵 鷹虎:分析】

  • おすすめメニュー:濃厚つけ麺
  • 値段:850円
  • 麺:太麺寄りの中太麺
  • スープ:普通→やや甘め。濃厚→魚介感強め
  • 玉子:なし
  • チャーシュー:脂が強いがサイズ感は適量
  • その他:ボリューム大魔王

 

高田馬場こってりラーメンまとめ

高田馬場には、学生とサラリーマンの腹を満たすべく、魅力的なラーメン店が数多くあります。

なお、「お上品なのが良いわ」という紳士淑女の皆々様方は、以下の記事もご覧ください。

[nyoken url=”https://nyoken.com/ramen-assari-takadanobaba”]

今回ご紹介した5店舗は、どれも学生時代に友人たちと足繁く通ったので自信を持って美味しいと言えるものです。

サークルの先輩などから、代々口コミで「美味い」と伝授される店々、ぜひ足を運んでみては?

にょけん🐕

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です