Suchmos(サチモス)が売れた理由は、STAY TUNEのコメント欄でわかる?

水面が光っている海
スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

ここ数年、Suchmosの名前をよく聞きませんか?

どうしてSuchmosはこんなに売れたのでしょうか?

理由は、STAY TUNEのYouTubeのコメント欄に隠されていました。

 

スポンサーリンク

Suchmosが売れた理由とは?

大きく2つあります。

先に結論だけ書いときましょう。

Suchmosが売れた理由
  1. 世代を超えて通用する音楽性
  2. 音楽好き度に関係なく伝わるグルーヴ

 

Suchmosが売れた理由①:世代を超えて通用する音楽性

代表曲「STAY TUNE」をYouTubeで見ると、コメント欄が面白いことになっています。

 

他の若手バンドに比べて、おじさま・おばさまからの評価が多いんですよ。

一部抜粋したものが以下。

おじさまたち、若いボーイズにメロメロですね。

ただ、中高年の方に限りません。

なんと、Suchmosは中学生のキッズたちからも絶賛されているんですよ。

Suchmosは世代を超えて好かれる音楽であると分かります。

僕が考えるに、Suchmosの曲って、中年にとっては懐かしく、若者にとっては新しいんですよね。

Suchmosは、90年代の大スター「Jamiroquai」の影響を受けていると公言しています。

※Jamiroquaiの曲です。めちゃくちゃSuchmosと似てる。

 

だから、90年代が青春真っ盛りだった人にとっては、懐かしい感じがするんですよ。

でも逆に、Jamiroquaiを知らない今の中高生にとっては、新鮮で現代的な音楽に聴こえます。

このように、世代によって違う良さを感じられる点が、Suchmosが売れた理由の1つです。

 

Suchmosが売れた理由②:音楽好き度に関係なく伝わるグルーヴ

STAY TUNEには、海外の方からも多くコメントが寄せられています。

「GROOVY」とか「GROOVE」という単語が出てきていますね。

これは、日本語で「グルーヴ」と表現される音楽用語です。

簡単に言うと、楽器の音を鳴らすときに、楽譜で表現できない程度の微妙なズレをあえて作ることで、「ノリ」を出す手法。

Suchmosにおいては、ベースがグルーヴを生み出しまくっています。

グルーヴの実態が分からずとも、「何かベースが他のバンドと違うぞ…?」と感じる人は多いです。

その証拠に

やたらとベースが注目されています。

グルーヴって、言葉じゃ説明しにくいけど、なんとなくで無意識的に伝わるものなんですよ。

皆さまが「ベースかっこいい」って感じる理由も、グルーヴがスゴいからなんです。

このグルーヴによって、音楽をBGMとして聴く人にとっては「なんか分かんないけどオシャレ」、音楽好きには「演奏技術がスゴい」と感じさせられるんですね。

てわけで、ライトな音楽ファンからディープなマニアまで惹きつけるグルーヴの存在が、Suchmosが売れた2つ目の理由です。

ceroとCHAIもグルーヴがヤバい若手邦楽バンド

個人的に、若手邦楽3大グルーヴ神バンドがいます。

  1. Suchmos
  2. cero
  3. CHAI

ceroとCHAIについても記事を書いているので、見てください!

「ceroがなんで評価されているか分からないやつは1回ライブ行け」

「NEOかわいいバンドCHAIは、ライブがCDの億倍ヤバい」

 

 

スポンサーリンク

Suchmosはオールマイティーに評価される

上で見た2つの理由をまとめると、Suchmosの音楽は、オールマイティーに評価されていることが分かります。

Suchmosはオールマイティーに評価される
  1. 中年→懐かしくてカッコいい
  2. 若者→新鮮でカッコいい
  3. 音楽ライトファン→なんかオシャレ
  4. 音楽ディープファン→演奏技術が神
  5. 海外の人→演奏がグルービーでカッコいい

Suchmosが売れた直接のきっかけは、HONDAのテレビCMにSTAY TUNEという曲が使われたことです。

これだけ幅広い層に評価される基盤を持ちながら、テレビCMで流れれば売れるのは当然。

特に、「よく分かんないけどカッコいい」と感じる音楽ライトファン層をグッと取り込めたのがデカいですね。

趣味の多様化が進みまくった現代において、実は1番多い層がこの「ライトファン層」ですからね。

なんにせよ、世代・音楽好き度・人種の全てに関係なく突き刺さる魅力が、Suchmosにはあります。

一聴するだけで「あ、天才だわ」ってなるので、まだ聴いたことない方は聴いてみてくださいね。

 

【名盤】THE KIDS

 

代名詞「STAY TUNE」が入っています。

そして、もう1つの名曲「MINT」が収録。

僕は、STAY TUNEより好きです。

 

ちなみに、MINTも中高年から人気が高い。

 

【最新作】THE ASHTRAY

 

2018年6月20日発売の最新作。

聴きましたが、正直ビミョーって記事を書きました。

ただ、「808」はSuchmos全体で見ても神曲です。

 

ちなみに、「CD買ったり借りたりして、いざ聴いたらビミョーでガッカリ」みたいな経験した人いませんか?

そんな人には、ストリーミングサービスをおすすめします。

月額900円台で聴き放題という仕組みなので、新作を聴いてビミョーと感じてもショック感がないです。

しかも、インターネット上から音楽を取ってくるので、「CD買う・借りる&返す」の手間がゼロです。

まじで神サービス。

 

 

THE BAY

 

「これ名曲!」みたいなものはないのですが、平均点が異常に高い作品。

中でも人気が高いのは、「YMM」「Miree」ですね。

YMM

 

Miree

 

Suchmosはこれからもどんどん売れていくと思います。

要チェックですね!

東京オリンピックの開会式セレモニーもやって欲しいもんです。

にょけん

スポンサーリンク