Webアプリケーションって例えばどんなの?例と仕組みを解説!

スポンサーリンク

 

こんにちは、エンジニアにょけん(@nyoken_box)です。

困ったマン
エンジニアになって、開発?的なことをやりたいけど、「Webアプリケーション」ってなんだ…?

こんな疑問を持つあなたのために、Webアプリケーションの概要・仕組み・具体例をご説明します。

Webアプリケーションについて理解を深めると、自分がどんなものを開発できるのか想像がつきやすいでしょう。

 

スポンサーリンク

Webアプリケーションとは?

Webアプリケーション=「Web(インターネット)を通じて、人々の要望を解決するサービス」と考えていただければOKです。

例としては、以下のようなものが挙げられますね。

Webサービスの具体例 
  • Facebook・Twitter・LINEなどのSNS
    →「手軽にコミュニケーションを取りたい!」という要望を解決
  • 食べログ・ぐるなび
    →「お食事処の情報を収集したい!」という要望を解決
  • Airbnb
    →「安く宿泊したい!」「自宅を固定収入を得たい!」という要望を解決

現代のWebアプリケーションの特徴としては、ユーザー個人に合わせたサービスを提供している点ですね。

例えば、食べログには「会員登録機能」がついていて、 ユーザーごとに「行きたい店!」などのカスタマイズが可能です。

テレビや雑誌で気になるお店を見つけて、手書きでメモするみたいなアナログ手法ではなく、Web上で完結してしまうんですね。

つまり、Webアプリケーションとは、インターネットを通じて提供されるサービスそのものとも言い換えられます。

 

スポンサーリンク

Webアプリケーションの仕組みは?

Webアプリケーション=「Web(インターネット)を通じて、人々の要望を解決するサービス」と説明しましたが、そのサービスはどのような仕組みで実現できるのでしょうか?

例として、「食べログで銀座の有名寿司店『すきやばし次郎』を見る場合」を、超カンタンに図解してみます。

 

  1. 「すきやばし次郎」の情報ページをタップ!
  2. 「すきやばし次郎」に関するデータ頂戴!
  3. 「すきやばし次郎」のデータだよ!
  4. 「すきやばし次郎」の情報ページ作ったよ!
  5. 「すきやばし次郎」の情報を見やすくするよ!

ここでは、サーバー=「情報の保管&提供者」、ブラウザ=「Webページをキレイに見せるツール」とお考えください。

ご覧いただくとわかる通り、Webアプリケーションは、パソコン・スマホからサーバーに必要なデータを要求し、取得したデータをブラウザでキレイに表示するという仕組みで動いています。

サーバーとブラウザについては以下のページで詳しく解説しているので、興味があればどうぞ。

ちなみに、パソコン・スマホからは「データをくれ!」と要求するだけでなく、「データを登録してくれ!」というお願いもできます。

例えば、「『すきやばし次郎』が気になるので、お気に入りに登録した」としましょう。

すると、以下のような動きをします。

 

  1. 「すきやばし次郎」のお気に入りボタンタップ!
  2. 「すきやばし次郎」をお気に入りにしてくれってさ!
  3. 「すきやばし次郎」のデータを更新したよ!
  4. 「すきやばし次郎」をお気に入りリストに入れたよ!
  5. 「すきやばし次郎」のお気に入り登録完了を知らせるよ!

こんな感じで、あなたが何か操作するたび、データ保管庫であるサーバーにアクセスし、情報を取り出したり登録したりしているんですね。

そして、そのデータ操作を、ブラウザでキレイに整えて画面表示しています。

次章では、今の話を技術的な用語でまとめてみましょう。

 

「クライアントサイド」と「サーバーサイド」

前章では、Webアプリケーションでは何か操作をするたび、パソコン・スマホからサーバーにアクセスするとお伝えしました。

これを技術的な用語で表すと、パソコン・スマホを「クライアントサイド」、サーバーを「サーバーサイド」と呼びます。

もう少し、詳しく説明しますね。

 

クライアントサイド

あなたが使っているパソコン・スマホを、ITの世界では「クライアント」と呼びます。

より正確にいうと、あなたが実際に見ることができる領域のこと。

例えば、パソコン・スマホの画面上に配置されているボタンや、テキスト入力フォームなどですね。

では、サーバーサイドとは何でしょうか。

 

サーバーサイド

「クライアントサイド」の逆で、あなたが見ることができない領域のことです。

わかりにくいので、具体例を示しましょう。

例えば、通販でボールペンを買う場面を想像してください。

「ボールペンを選んでいざ購入!」となった時、お届け先としてご自身の住所を入力しませんか?

この入力フォームは目に見えているので、先ほど説明した「クライアントサイド」にあたります。

ただ、入力後に「購入する」などのボタンを押した際、お届け先の情報がサーバーに登録されるんですね。

この「サーバーに登録される」という動きは、あなたの目には見えません。

これが、サーバーサイドと呼ばれる領域です。

 

Webアプリケーションの例・仕組みまとめ

こちらを向いてOKサインを出すおじさん

まとめます。

Webアプリケーションとは?
「Web(インターネット)を通じて、人々の要望を解決するサービス」
例:食べログ・Twitter・Airbnb

Webアプリケーションの仕組みは?
①クライアントサイドからサーバーサイドに対し、データの取得・登録を要求
②ブラウザを介してユーザーに表示する

 

あなたも痛感しているでしょうが、社会のIT化は今後もどんどん進みます。

特に、Webアプリケーション開発市場は、今からがアツい時期。

しかし一方で、エンジニアは圧倒的に不足しています。

つまり、Webアプリケーション開発ができれば、人生を豊かにできるんですよ。

それはもちろん経済的にもです。

エンジニアの平均時給は2000円を超え、5000円以上の人も珍しくないですからね。

あなたも興味があれば、ぜひエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか?

 

Twitterフォローしてね!!!

有益な無益をつぶやくよ↓↓↓

にょけん

スポンサーリンク