【体験談】香川観光「こんぴらさん」を登るときの唯一の注意点とは?

スポンサーリンク

 

こんにちは、にょけん(@nyoken_box)です。

うどん有名店「長田 in 香の香」に行くべく、香川県を一人旅した。

「長田 in 香の香」近くの観光地を探していたら、「こんぴらさん」なるものを発見。

ヒマだったので、寄ってみた。(罰当たり)

ただ

ナメてた

こんぴらさん、死ぬほど疲れる。

この記事を読んでほしい人!

「こんぴらさんを登りたい!」って人

 

スポンサーリンク

こんぴらさん、1368段の石段を登るらしい

そもそもこんぴらさん、どうやら有名な神社のよう。

うどんのオプションとして寄っている僕はそれすら知らず、「名前がカワイイ」いう理由で来た。(本当に失礼)

で、到着してみたら

 

なにこれ?

果てしないほどの階段が見える。

ここで初めて、こんぴらさんについてしっかりググる。

予測に出てきたのは、「こんぴらさん 石段」

イヤな予感を感じつつ検索すると、飛び込んでくるは「石段1368段」の文字。

そのときは、「あ、そんなもんか」と思う。

そして、冷静に考える。

僕の家、2階に上がる階段が12段。

単純計算で、114回続けて家の階段を登る。

しかも、一段の幅が狭い。

「あ、詰んだ」

スポンサーリンク

階段、階段、階段

何はともあれ、ここまで来たら登るしかない。

調べたところ、どうやら300段くらいずつ見所があるらしい。

見所ごとに休憩できるので、セーブポイントとでも呼ぼう。

ちなみに、時々煽ってくる。

 

第1セーブポイント:大門(365段目)

意外と余裕。

「あれ?もう3割きたの?」

「このまま2億4千万の石段も登れるんじゃないか?」

そんなゆとりがある。

ゆとり世代代表として、誇りに思うほどのゆとりだ。

ちなみに、ここでも煽ってくる。

 

ただ、次の瞬間である。

 

クソほど長い一本道が現れた。

 

待ってくれ。

聞いていない。

僕が約束したのは「登る」ことだ。

「歩く」ことについてはノータッチだ。

これは反則行為じゃなかろうか?

0段とカウントされたら、ベンチから飛び出て暴力行使に及ぶかもしれない。

そんな声に耳を傾ける神もおらず、僕はただ歩いた。

この道、桜馬場と呼び、春は桜が綺麗らしい。

が、今は5月。

完全に葉桜馬場である。

「よりによって、なぜ今この季節にここを歩いている?」

こんな思いが巡り、疲労感を後押ししてくる。

ブラッキーの追い討ちよりも強い。

 

第2セーブポイント:祓戸社(595段目)

わき腹、および足の裏がおかしい。

 

第3セーブポイント:本宮(785段目)

わき腹・足の裏・太もも・ふくらはぎ、および心が痛い。

なんだこれ…苦しい…

僕の想像した「こんぴらさん」はもっと可愛かったはずだ。

なんというか、「こんぴらさん☆」みたいな感じ。

実際はどうだ。

凶悪卑劣。極悪非道。鬼畜の諸行。

何が「こんぴらさん」だ。改名しろ。

などと思っていたが、どうやら正式名称は金刀比羅宮(ことひらぐう)らしい。

ゴツい。

立派にゴツいじゃないか。

ゆるキャラの着ぐるみからオッサンが出て来た時の、あのショックを感じる。

今後は「こんぴらさん」ではなく、金刀比羅アニキと呼ぶべきだ。

そのほうが、軽い気持ちでくる輩が減るはずだ。

 

 

 

ただ、「本宮」という名前を見て安堵した。

着いた。

1368段は長かったが、感動もひとしお。

早く帰ってお母さんの手料理を食べよう。

そんなことを考える僕の前に現れたもの。

それは

 

 

 

KAIDAN☆

階段

いやここではあえて怪談と呼ぼう。

なぜなら僕は確かに恐怖した。

階段を怖いと感じたのだ。

チャンピオンロードでニューラ(Lv.34)を育てているときに、ハリテヤマ(Lv.44)が出てきたときぐらいに怖い。

どうやら僕が今いるのは、「本宮」という名の中間地点のようである。

段数は785段目。

中間も中間だ。

この先、1368段目には「奥社」なるものがあるらしい。

僕の理解では、本宮=チャンピオンリーグ優勝、奥社=シロガネ山でレッドに勝つ。

そういうことなのだろう。

心が折れそうだけど先へ進む。

僕は、もう戻れない。

ちなみに、ここまで1時間15分ほどであり、本宮でドロップアウトする人も多数いた。

 

第4セーブポイント:白峰神社(932段目)

ツラい。

紅葉が綺麗らしい。

だが、5月だ。

帰りたい。

 

クリア:奥社(1368段)

終わった…。

お疲れ、僕。

達成感と、澄んだ空気が混じり合って泣きそうだ。

空気のキレイさは本当に素晴らしかった。

徒歩以外のアクセス手段が無いこともあって、手付かずの自然という印象。

初見の感想は「セレビィいそうだな」

それくらい、社と周りの空気全体が神聖な雰囲気を纏っていた。

めちゃくちゃしんどかったけど、一度は訪れる価値があると思う

 

こんぴらさんには複数人で行こう

僕は「かなり足が疲れる」と言われるスポットでも、あまり苦痛に感じたことがなかった。

紀伊の熊野古道も、山形の山寺も。

そんな僕でも、こんぴらさんは死ぬほどキツかった。

ただ、実は「足の疲れ」に関しては、上の2つと同じくらいだと思う。

むしろ、熊野古道の方が疲れたかも。

じゃあ、何がキツかったって

1人だったこと

 

思い返せば、熊野古道は家族、山寺は友達と行った。

2つとも相当疲れるが、たまに「疲れたね〜」とか言うだけでも、疲れは少し引く。

ただ、1人で永遠と歩いていると、「キツい」がループしていく。

「疲れたね〜」と自分に問いかけて、「疲れたよ…何してんだよこれ…死のう」と返す。

ご利益求めて来たはずが、気づけば死を望んでいる。

神も閻魔も8度見するレベルのびっくりだ。

そんなわけで、こんぴらさん(金刀比羅アニキ)は誰かと登ろう。

 

おまけ(こんぴらさん付近のうどん)

こんぴらさん付近でうどんを食べるなら、参道にある店はやめよう。

全然大したことない。

僕は、こんぴらさんから電車で10分、金蔵寺駅にある「長田 in 香の香」をおすすめする。

詳細については以下の記事でまとめたので、ぜひご覧いただきたい。

関連記事:香川でうどんを食うなら「長田 in 香の香」がおすすめ!

それでは、良い旅を。

香川のおすすめスポット一覧を見る!

 

Twitterフォローしてね!!!

有益な無益をつぶやくよ↓↓↓

にょけん

スポンサーリンク