女子のバイバイを言ってから別れるまでの長さは異常。

スポンサーリンク

 

こんにちは、にょけん(@nyoken_box)です。

女の人って、バイバイを言ってから実際に別れるまでが異様に長くないですか?

もうずーーーーっと前から感じていた疑問です。

せっかくブログという発信ツールを手に入れたので、書いてみました。

屈託のない意見をください。

 

スポンサーリンク

男の場合、別れ際はかなりあっさり

男性の別れ際は「1秒」です。

男1「バイバイ!」

男2「またな!」

〜fin〜

てな具合。

相手が久しぶりに会った友人だとしても、別れ際は1秒です。

 

サラリーマンでも

男上司「今度また飲もうよ」

男部下「是非!」

男上司「美味そうな店一緒に探そうな!」

男部下「はい!お疲れ様です!」

まぁこんなもんでしょう。2ラリーですね。

 

女の人は、バイバイしても次の話が始まる

女の人は、バイバイをした後も、永遠と話が続きます。

ケース1:女子高生〜改札口にて〜

女子高生2人が、駅の改札口でバイバイをしてました。

女子高生1「バイバイ!」

女子高生2「じゃねー!…あっ!てか今度パンケーキ行かね?」

女子高生1「え?!どこ?!」

女子高生2「裏原の奥に出来たとこ」

女子高生1「え?知らない!え?行きたい!」

女子高生2「神。待って明日は?」

女子高生1「余裕。いや何なら今行きたいは笑」

女子高生2「わろたwww」

女子高生1「ユミも来るかな?」

女子高生2「ビミョーじゃない?最近彼ピばっかりだし。」

女子高生1「それな。てかあの

彼氏どう思う?あたし的にチャラいんだけど。」

女子高生2「いや普通にチャラいて。この前もさ………」

〜never ending story〜

「さっきのスタバで話しとけよ!」と脳内ツッコミを入れながら、横を通り過ぎます。

スタバ行ったか知らんけど。

あと、高確率でディズニーキャラのビヨーンって伸びるパスケースを付けています。

そのケースがミニヨンズの場合、異様なほどバッグがデカイ。

 

ケース2:おばさん〜町の道端にて〜

おばさん3人が、分かれ道の手前で立ち止まって話していました。

おばさん1「またね〜」

おばさん2,3「は〜い。また〜」

おばさん1「あれ?ごめんなさい、そういえばあの話したっけ?」

おばさん2,3「なになに?」

おばさん1「ほら、沼田さんとこの息子さんが、今度選挙出るって」

おばさん2「あ〜市議選」

おばさん3「え!わたし知らない!」

おばさん1「ホント〜?なんかそうらしいのよ〜」

おばさん2「旦那さんあんな感じなのに意外よね〜」

おばさん1「反面教師なのよ〜多分」

おばさん3「今いくつくらいなのかしら?」

おばさん1「30過ぎとかじゃない?」

おばさん2「いやまだ26ですって!この前マルエツで沼田さんに会ったとき……」

〜forever〜

 

「マルエツで話しとけよ!」と思いながら(略

今いない沼田さんの話でよくそこまで盛り上がれるなぁ。

あと、高確率で1人は自転車にまたがったまま立ち話しています。

若めのお母さんの場合、後ろのカゴが異様にデカイ。

 

女の人にとって、バイバイは別れの挨拶ではない

ここまで書いてきて、僕は1つの仮説を立てました。

女の人にとって、「バイバイ=ラストスパート開始の合図」なのではないでしょうか?

サッカーでいうところのロスタイム。

僕ら男性にとって、「バイバイ」は試合終了のホイッスルです。

でも、女性にとっての「バイバイ」は、副審がロスタイムの時間を高々と掲げるあの瞬間。

「バイバイ」を起爆剤として、選手(女性)たちが最後の力を振り絞ります。

時間が異様に長く感じるのも、ロスタイムに似ていますね。

 

女の人のバイバイを理解しよう

男女の仲良し集団で飲み会したとき、帰り際になっても女の子たちだけが喋り倒しています。

男性は全員、「何この時間…」って思いますが、考え方を変えましょう。

彼女たちは今、ロスタイムを戦っているのです。

テレビの前で選手を応援するように、僕らも彼女たちを見守りましょう。

どうでしょうか、この強引なまとめ方。

僕の中で勝手に謎が解けて、スッキリした気分なのでこれでいいのです。

にょけん

日常で感じた疑問シリーズ他にもあります▼

ダメージデニムのカッコ良さが分からん。

インターネットって何?

ボーリングって何が楽しいの?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です