鳥取砂丘を観光したら寄るべし!「砂の美術館」の魅力・所要時間は?

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

鳥取県は「砂の美術館」に行ってきました。

砂の美術館入口 

もともと鳥取砂丘のついでに寄ったんですが、ビックリしたことに砂丘本体より面白かったんです。

想像以上にヤバいスポットだったので、魅力や所要時間などをまとめました。

 

スポンサーリンク

「砂の美術館」の魅力は、全力の砂遊び感

これにつきます。

皆さん、砂場遊びしたことありますよね?

山とか作ってトンネル貫通させたり。

「砂の美術館」は、砂遊びのプロが全力を出した結果です。

百聞は一見にしかず。

ご覧いただきましょう。

 

ドーン

 

もうね、山とかトンネルじゃなくて、「街」を作っちゃってます。

これ、砂なんですよ?

ヤバくないすか?

 

 

 

 

 

楽器を演奏する砂像

人もドーン

 

OLYMPUSのカメラで撮っても、砂とは思えないくらいリアルです。

しかも、ミニチュアじゃなくて実寸大。

 

 

 

 

 

人と古代都市の砂像

古代都市ドーン

 

遠近感まで完璧に再現されていますね。

すごすぎる。

 

 

 

1つ1つの砂像のつくりから職人の本気を感じて、胸熱になります。

砂遊びや泥だんご作り、あるいはレゴなどの創作物が好きだった人は、100%燃えますね。

 

スポンサーリンク

「砂の美術館」所要時間

砂の美術館入口

館内はそれほど広くないので、45分くらいでザッと回れます。

しっかり目に見ても、1時間強とかですね。

メインは1階で、さっきお見せした砂像がズラーッと並んでいます。

2階では、砂像を少し上から見ることができるんですね〜。

 

▼2階から見た街の砂像

2回から見た砂像

 

3階は外に出ることができて、鳥取砂丘を一望できます。

 

▼3階から見た砂丘

3回から見た鳥取砂丘

 

また、時期に合わせた特別な砂像も展示されています。

画像はちょっと古いですが、2016年のリオオリンピックをテーマにした砂像。

 

▼3階の特別展示

リオオリンピックの特別砂像

 

「砂の美術館」の営業時間・入場料・アクセス

もともと鳥取砂丘に関連して作られた美術館なので、砂丘のすぐ隣にあります。

 

鳥取砂丘「砂の美術館」営業時間・入場料・アクセス

◆営業時間

  • 平日、日曜日:9:00〜18:00 (最終入場17:30)
  • 土曜日 :9:00〜20:00(最終入場19:30)

 

◆入館料

  • 一般(大学生以上):600円
  • 小・中・高校生:300円
  • 小学生未満:無料

 

◆アクセス

  • 住所:〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
  • TEL : 0857-20-2231

 

土曜日以外は最終入場が17:30までと、比較的早く終わるのでご注意を。

 

P.S.鳥取砂丘も最高だよ?

鳥取砂丘

もちろん、砂丘自体も面白いです。

砂丘とかデカい砂場じゃんwww

とか思っていましたが、ナメてました。

驚くべきは、広さじゃなくて「高さ」だったんすよ。

 

鳥取砂丘の傾斜

写真じゃ伝わらないですが、コレ傾斜60度くらいの、めちゃめちゃな絶壁なんですよ。

もう少し近くから撮影したのが、以下の写真です。

鳥取砂丘の傾斜(近接)

人のサイズ感でなんとなくわかっていただけますかね?

目の前にすると、「ホントにこれ登るの?」って思うくらい急。

よくよく考えれば、名前に「丘」って付いていますしね。

だけどこの絶壁、砂だから面白いことに登れちゃうんですよ。

不思議な感覚で、他では絶対できない体験。

ぜひ、訪れてみてください。

 

Twitterフォローしてね!!!

有益な無益をつぶやくよ↓↓↓

にょけん

スポンサーリンク