【醸造酒と蒸溜酒の違いは?】お酒の種類・分類を一覧にした

スポンサーリンク

 

こんにちは、元酒造メーカー勤務にょけん(@nyoken_box)です。

困ったマン
お酒の種類…詳しくなりたいけどありすぎてわからん…

あなたのこんな疑問に応えるべく、お酒の種類を一覧にまとめました。

「このお酒が気になる!」っていうのが決まっている人は、以下の目次からどうぞ!

 

スポンサーリンク

お酒の種類一覧

酔っ払っているネコ

まず、お酒は製造工程によって大きく3つに分けられます。

  1. 醸造酒→穀物や果汁を酵母で醗酵させた酒(ビール・ワインなど)
  2. 蒸留酒→醸造酒を蒸留した酒(焼酎・ウイスキーなど)
  3. 混成酒→醸造酒や蒸留酒に果実・薬草を添加した酒(リキュール類)
アルコール度は「蒸留酒」が高い

蒸留とは、蒸発させたアルコールを冷却して液体に戻す工程のこと。

よって、アルコールの濃度は、醸造酒を蒸留させた「蒸留酒が高い」です。

一例をあげると、

ブドウ果汁を醗酵させると、醸造酒「ワイン」ができる
→ワインを蒸留すると、蒸留酒「ブランデー」になる

っていう関係性ですね。

もっと超カンタンに言うと、

  • 醸造酒は醗酵させるだけ
  • 蒸留酒はアルコールくさい
  • 混成酒は色々混ぜるのでフルーティ

これでOKです。

 

スポンサーリンク

あのお酒はどの種類に当てはまる?

バーでお酒を楽しむお酒

代表的なお酒を、前述した3つに当てはめてみました。

種類 原料
醸造酒 ビール
ブドウ ワイン
日本酒
蒸留酒 麦・その他の穀物 ウイスキー
ブドウ ブランデー
米・麦以外の穀物 スピリッツ類
芋・米・麦・蕎麦など 焼酎
混成酒 醸造酒・蒸留酒に依存 リキュール類
中国酒

中国は古来から酒を作っていて、ちょっと特殊です。(トカゲやヘビのエキスぶち込んだり…)

そのため、「中国酒」っていうジャンルもあります。

スポンサーリンク