【半日〜1日】宮島弾丸観光ルート!グルメ・見どころまとめ!

スポンサーリンク

 

こんにちは、にょけん(@nyoken_box)です。

広島県の宮島を1日弾丸で観光してきました。

ポイントを押さえれば1日で回るのは余裕だったので、グルメや見どころをまとめました。

また、半日で回るコースも併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてください!

 

スポンサーリンク

「あなごめし」はフェリーに乗る前

あなごめし

いきなりご飯の話ですみません。

宮島の名物ご飯といえば、「あなごめし」

うな重のあなごバージョンです。

 

▼あなごめし

あなごめし

 

この「あなごめし」ですが、店によってめちゃくちゃ味が違うんですよ。

で、僕は「あなごめし うえの」さんをオススメします。

あなごめし うえの

 

3店舗の「あなごめし」を食べましたが、ダントツで「うえの」が美味しい。

あなごのふっくら加減、香り、タレの濃さ、どれを取っても最高級です。

あなごめし

 

そもそも、「あなごめし」を生み出したお店で、創業は1901年の老舗。

実に120年もの間、支持されているわけです。

さらに、今どきでは珍しく都心への出店をしていないため、広島でしか食べられないんですよ。

これは行くしかない。

ただ、注意点が1つありまして、「うえの」さんは宮島本島にはありません。

宮島行きフェリーの出発駅、広島電鉄「宮島口」駅にあります。

宮島本島に行ってしまうと食べられないので、ご注意を。

また、予約もできないので多少並ぶことも覚悟ください。

フェリーの運行時間は以下からどうぞ。

ちなみに、宮島本島でも「あなごめし」を2店舗食べましたが、おすすめしません。

あなごの臭みを取りきれていなくて、生臭いうなぎを食べている感覚でした。

必ず、「あなごめし うえの」さんで食べましょう。

 

あなごめし うえの

食べログ

  • 弁当:09:00~19:00(水曜18:00)
  • 食堂:10:00~19:00(水曜18:00)
  • 休み:無し(水曜は弁当販売のみ)
  • 住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11
  • TEL:0829-56-0006

※1:予約はお弁当のみ。席予約は不可。

※2:2018年7月より、広島駅の三越でも営業開始

 

スポンサーリンク

厳島神社の鳥居は満潮・干潮の2回見よう

宮島のメイン。

海の中に鳥居がズドーンと建っています。

しかし、フェリーで向かう途中にまさかのモロ見え。

 

▼フェリーから見た鳥居

 

厳島神社には、フェリーを降りて10分くらい歩くと着きます。

鳥居は、できれば満潮と干潮の2回見ましょう。(半日コースだと厳しいかもしれません)

干満の差によって、鳥居が海に出たり入ったりするので。

 

満潮時は、鳥居が海に浸かっています。

▼鳥居の半身浴

干潮時の鳥居

 

干潮時は、鳥居が裸になっています。

▼いやーんな鳥居

満潮時の鳥居

 

干潮時には、歩いて鳥居のふもとに行けるのですが、ついさっきまで海の中だった場所にいるわけですよ。

すっごい不思議な気分で、テンション上がります。

満潮の時にバシバシ写真を撮っている人が多いですが、干潮のときもオススメなのでぜひご覧あれ。

満潮・干潮の時間は、以下のサイトの表を参考にしてください。

【宮島】潮汐・潮見表

フェリーの時間、「あなごめし うえの」の並び時間などを考慮して、計画を立てましょう。

 

厳島神社の拝観時間・料金

◆拝観時間

  • 1/1→0:00~18:30
  • 1/2~3→6:30〜18:30
  • 1/4〜2月末→6:30〜17:30
  • 3/1〜10/14→6:30~18:00
  • 10/15〜11/30→6:30〜17:30
  • 12/1〜12/31→6:30〜17:00

 

◆料金

  • 一般:300円
  • 高校生:200円
  • 中・小学生:100円

 

「揚げもみじ」を食べ歩きしよう

宮島には出店がいっぱいあるので、干潮or満潮を待つ間、おみやげを買ったり、食べ歩きをしたりしましょう。

食べ歩きでおすすめなのが、「揚げもみじ」

広島銘菓のもみじ饅頭を、まるっと揚げた絶品です。

揚げものなのでおみやげ販売はなく、宮島でしか食べられません。

マストbuy!

 

▼揚げもみじ

揚げもみじ

写真スキルがなさ過ぎてほぼから揚げですが、味は美味いです。

牡蠣クリームコロッケやあなごマンも食べましたが、揚げもみじが美味すぎてどうでも良かった。

 

食べ歩きの注意点は、シカ🦌に食べ物をあげないこと。

宮島にはシカが大量にいます。

それはもう、めっちゃいます。

シカがひしめき合っています。

ただ、いちおう野生のシカ🦌ですので、本来は草木を食べないといけません。

餌付けしてしまうと人に群がってしまいますし、人間用の食べ物がシカの身体にいいとも限りません。

シカ🦌のためにも、エサはあげないようにしましょう。

 

ロープウェイはヒマがあればでOK

宮島はロープウェイで山を登ることもできます。

が、個人的にはわざわざ行く必要ないかなと。

たしかにキレイな景色は見られますが、まぁ想像通りという感じ。

どうせなら、同じ広島の「尾道」に行くことをオススメします。

坂と港が相まって、完全にジブリの世界。

まぁ宮島本島で泊まるのであれば、登ってみても良いかと思います。

 

宮島観光1日弾丸ルートまとめ

まとめます。

宮島観光1日弾丸ルート
  1. あなごめし うえの(フェリー乗船前!)
  2. 厳島神社(干潮・満潮の2回)
  3. 揚げもみじ(シカにあげない)
  4. ロープウェイ(時間があれば)

宮島は閑静なイメージがありましたが、意外と「観光地!」って感じで、賑わっていました。

サクッと回れるので、中国地方・瀬戸内海を旅行する際は、観光ルートに組み込んでみるのをオススメします!

▼瀬戸内海のオススメは「直島」「豊島」

香川・豊島の観光!アート素人でも楽しめるスポット3選!

2018.08.17

【1日周遊】香川・直島の見るべきアート5選とおすすめコース!

2018.08.16

 

Twitterフォローしてね!!!

有益な無益をつぶやくよ↓↓↓

にょけん

スポンサーリンク