【全アルバム紹介】クラウドナッシングスは聴くアルバム順に要注意?

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

洋楽聴いてみたい!

でもありすぎて何聴けばいいの…

わからーん!

はい、Cloud Nothingsを聴きましょう。

なぜなら、Cloud Nothingsは邦ロックに近い要素が多く、普段洋楽を聴かない人でもハマる傾向が超強いから。

だから聴くんだ!!!

ただですね、問題が1つありまして…。

アルバム聴く順番をミスると、全然ハマれないんです。

アルバムの2曲目から9分あって、「いやいやヘビーすぎない…?」みたいな。

僕はそのアルバムを最初に薦めちゃって、友達から「2曲目で飽きた」と言われちゃいました。

てなわけで今日は、「Cloud Nothingsがなぜ邦ロック好きにおすすめか」「アルバムはこの順で聴いてね」って話をします。

 

Cloud Nothings(クラウドナッシングス)とは?

Cloud Nothingsを知らない方のために、簡単にまとめます。

Cloud Nothingsとは?
  • アメリカの4人組ロックバンド
  • 2009年〜2016年までは3人組
  • これまでリリースしたアルバムは3枚(+1枚)
  • ライブが鬼カッコいい
  • ART-SCHOOLと対バンしたことあり

 

スポンサーリンク

Cloud Nothingsが邦ロック好きにウケる3ポイント

①シンプルな曲展開

洋楽は「サビがよく分からない」から、手が出しにくいんですよ。

逆に、洋楽だろうが、盛り上がりが分かりやすければ好まれやすいです。

「アナと雪の女王」主題歌の”LET IT GO”なんかは、まさにこのパターン。

Cloud Nothingsの曲も展開が分かりやすく、簡単に曲に入り込めるんですね。

次の曲はCloud Nothingsの代表曲ですが、歌はAメロとサビだけです。

0:46までがAメロで、0:47~1:08までがサビ。

後は繰り返し。

しかも、邦ロックと同じく、サビでガツンと盛り上がるタイプなので聴きやすいです。

 

②ロックだけど哀愁あるメロディ

邦ロック好きというか、日本人全員に共通なのが「哀愁を好む」という点。

日本人が1番好きな洋楽は、THE BEATLESの”Yesterday”という調査もあるようです。

和歌や俳句でも、叶わぬ恋を詠ったものが語り継がれがちだし。

で、Cloud Nothingsは「哀愁」を感じさせる部分が多くあります。

次の曲は、0:38まではアップテンポなのに、0:38~0:50で哀しいメロディに切り替わります。

この「ロックと哀愁の神バランス」が、日本人の繊細な心をくすぐるんですね〜。

 

③苦しそうな歌い方・声質

邦ロック好きは、「喉を枯らす情熱的な歌声に弱い」です。

「苦しそう」→「一生懸命」→「感動する」っていう図式が頭にあるんですね。

最近で言うと、竹原ピストルさんとか。

もうちょっと邦ロックに詳しい方向けにいうと、ミッシェルのチバユウスケや、Syrup16gの五十嵐隆などでしょうか。

Cloud Nothingsも、決して上手くありませんが、情熱的な演奏や歌い方をします。

次の曲は、最初から最後まで、がむしゃらに演奏しています。

技術的には下手なのですが、それを超えるアツさ・エモさがあるんですよね。

甲子園を見ている感覚に近い。

 

Cloud Nothingsのアルバムはこの順番で聴け!

1番目に聴くべきアルバム:2nd「Here & Nowhere Else」

 

とにかくまずはコレ。

全体的にコンパクトな曲が多く、通して聴きやすいです。

ただいま紹介した”Now Hear In”は、このアルバム収録です。

 

おすすめ曲:Psychic Trauma

本来リズムを支えるはずドラムが、途中(0:54)から爆走する斬新な曲。

引っ張られる形でギターと歌がどんどん前に行き、ベースがギリギリのところで支える。

機械で打ち込んだ音では絶対出せない、まさにバンドマジックな曲です。

 

2番目に聴くべきアルバム:3rd「Life Without Sound」

 

4人体制になってから初のアルバムで、お得意のスピード感あるロックから、ミドルテンポな曲までバラエティ豊かです。

あまりロックっぽくない部分も多いため、Here & Nowhere Elseを聴いてからが得策。

先ほど哀愁ある曲として紹介した”Modern Act”は、このアルバム収録です。

 

おすすめ曲:Up To The Surface

「しっとり聴かせるロックもできるんだぜ?」というドヤ顔が浮かんできますね。

実際、ピアノがいい味出しています。

 

3番目に聴くべきアルバム:1st「Attack on Memory」

 

1stらしく勢いあふれる1枚。

のはずが、始めの2曲がなげえなげえ。

まずは3曲目から聴きましょう。

てか、3曲目と4曲目を聴けばOKす。

ちなみに、3曲目は以下の曲で、4曲目は上で紹介したStay Uselessです。

 

おすすめ曲:Fall In

 

最初からサビで始まる上、Aメロでテンポアップするため飽きがこない。

失速することなく最後まで駆け抜ける、まさにCloud Nothingsな1曲。

 

「CD高い!」って人は、ストリーミングがおすすめ!

日本ってCD高いですよね?

「アルバム聴きたいけど、全部買ったり借りたりとかムリ…」

こんな人は、ストリーミング配信を使いましょう。

インターネットあればOKなので、「CD買う・借りる&返す」の手間がゼロです。

その上、月額900円台で何百枚も聴き放題。

マジで神サービス。

ストロークスもストリーミング配信されていますので、興味があればご覧ください!

それでは、今日はこの辺で!

にょけん

スポンサーリンク