音楽ストリーミングサービス比較!8つ利用した筆者おすすめの3選は?

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

このページを見てくれているということは、皆さんは今「音楽ストリーミングどれに入ろうかな~」と悩んでいますね?

そして、他の比較サイトを見て、こうは思いませんでしたか?

 

「配信曲も値段も横並びじゃんか!」

「多すぎて結局どれが良いか分からん!」

 

Yes.分かります。

過去の僕もそうでした。

10コくらいの比較をズラーッと書かれても疲れますよね?

サービス内容どこも似てるし。

結局、メンドクサイから8コのサービス全てを体験しました。

で、どうせなら記事にしちゃおうと。

てなわけで、8コのサービスを利用した僕が、オススメを3つに絞りました。

 

オススメ音楽ストリーミング3サービス

①ディープな音楽が好きな人

Spotify

 

②洋楽・邦楽どちらもスタンダードに聴きたい人 or Amazonプライム会員の人

Amazon Music Unlimited

 

③邦楽メインで使いやすさを求める人

レコチョクBest

次章から、どんなところがオススメかを述べていきますね。

ちなみに、登録したのは以下の9サービス。

にょけんが登録した9サービス
  1. Spotify
  2. Apple Music
  3. Amazon Music Unlimited
  4. LINE Music
  5. Google Play Music
  6. Rakuten Music
  7. レコチョクBest
  8. AWA
  9. KKBOX

 

スポンサーリンク

⒈ディープな音楽が好きな人はSpotify

まず、相当ディープな音楽まで取り揃えているサービスは、「Spotify」「Apple Music」です。

そして、以下2つの理由でSpotifyのが圧倒的にオススメ。

 

⑴Spotifyの方がよりディープ

Spotifyの配信曲ラインナップは頭おかしいです。

僕が最初に「Spotify狂ってんな」と思ったのは、ドンキーコングのサウンドトラックが大量に出てきたこと。

僕はゲーム「ドンキーコング」のBGMが死ぬほど好きなんですが、CDは中古で20万近くするから買えません。

当然、ストリーミングサービスにも、「あるわけねえよなぁ」と思っていました。

 

んで、とりあえずApple Musicで検索かけてみたんですよ。

あるんかーい。

20万近くするアルバムとは多少違うけど、ドンキーコングのサントラがある事実に興奮しました。

ただ、Spotifyはこんなもんじゃなかった。

にょけん
ドンキーコングのアルバムあるとかApple Musicヤベェわ
にょけん
一応Spotifyでも”donkey kong”で検索ゥ~

数、異常。

Spotify、頭おかしい。

何だこれ。営業の人優秀すぎるだろ。

「これは無いだろうな〜」っていうのが普通に配信されています。

 

⑵Spotifyの方が使いやすい

Spotifyは画面がシンプルで扱いやすいです。

てか、逆にApple Musicの画面が、分かりにくい上にダサい。

例えば、Apple Musicには「For You」という画面があります。

「個人に合わせてオススメの音楽を紹介しますよ~」という名目のはずが、「何でこれ推してくるん?」みたいなのばっかり。

土曜日のプレイリストってオレ個人関係なくない?

 

クリスタル・ケイ、全然聴かないから!!!

 

一方、SpotifyはHOMEという画面に色々と集約されているため、分かりやすい。

聴いた曲を参考にプレイリストを作ってくれる。

 

聴いたアーティストに似ているアーティストを教えてくれる。

 

また、プレイリストもSpotifyの方が探しやすいですね。

Apple Musicは、①見つける→②ジャンルと進んで、音楽ジャンルを選びます。

Apple Musicプレイリスト選択

※①見つける→②プレイリストと進んでも、結局ジャンルを選ぶ必要があります。

その上、ざっくりしたジャンル分けしかないんですよ。

 

一方、Spotifyは、Browse画面に行くだけで、多数のジャンルからプレイリストを選べます。

Spotifyプレイリスト選択

ジャンル分けも細かくて分かりやすい。

 

ここまで見てもらって分かる通り、Spotifyの方がユーザー視点にこだわっているんですよね。

ユーザーが不便を感じないように設計されています。

Appleは、最近この「ユーザー視点の徹底」がビミョーですからね。

iPhone7,8,Xも大してハネなかったし、iOSはアップデートの度に使いにくくなるし。

何にせよ、ラインナップ・操作性ともにSpotifyの方が上です。

 

チェック①

ディープな音楽が好きなら、ラインナップがディープな上に使いやすいSpotifyがオススメ!

 

スポンサーリンク

⒉洋楽・邦楽どちらもスタンダードに聴きたい人 or Amazonプライム会員の人は、Amazon Music Unlimited

他業種から音楽ストリーミングに参入した企業は4社あります。

  • Amazon Prime Music & Amazon Music Unlimited(Amazon)
  • Google Play Music(Google)
  • LINE Music(LINE)
  • Rakuten Music(楽天)

このうち、楽天ミュージックは「配信曲数が他の1/8のくせに月額は100円高い」というゴミなので除外。

他の3社は、洋楽・邦楽をコンスタントに取り入れているので、配信曲での比較は難しいです。

では、どう選べば良いのでしょうか?

「使いやすさ」と「値段」です。

 

⑴Amazon Music Unlimitedは細かい配慮がなされている

最も使う「検索機能」を見てみましょう。

分かりやすくするために、各サービスとも「ONE OK ROCK」で検索しました。

 

Amazon Music Unlimited

アーティストで検索すると、付随して以下の情報をくれます。

  1. 人気楽曲
  2. 人気アルバム
  3. おすすめプレイリスト
  4. 関連アーティスト

 

LINE Music

付随情報は以下の通り。

  1. 人気楽曲
  2. 人気アルバム
  3. 関連アーティスト

 

Google Play Music

付随情報は以下の通り。

  1. 人気楽曲
  2. 人気アルバム
  3. 関連アーティスト

 

お分かりですかね?

Amazonだけが、「おすすめのプレイリスト」を出してくれているんです。

ストリーミングサービスを使う楽しみの1つが「知らない曲との遭遇」なので、プレイリストのオススメはありがたいんですよ。

自分の趣味と似た曲が詰まったオリジナルアルバムをシェアしてもらえるようなもんですからね。

Amazon Music Unlimitedには、こうした細かい配慮が散りばめられています。

さすが世界No.1企業ですね。

 

⑵LINE Music、Google Play Musicには致命的なデメリットがある

Amazonが良いというよりも、LINEとGoogleにはそれぞれダメなポイントがあります。

 

LINE Musicのダメなポイント

「配信されていると思ったら購入限定だった」というガッカリが多すぎる。

例えば、米津玄師は、現状どのサービスでも配信されていません。

ただ、LINE Musicで米津玄師を検索すると、曲が出てくるんですよ。

 

「お!やったー!」と思いきや、曲名の横をご覧ください。

 

このマークが付いているものは、課金する必要があります。

ストリーミング配信サービスに入りつつ、購入って相当アホらしいです。

LINE Musicは、「1回喜ばせてから実はお金いります」ってパターンが多くてイライラしますね。

 

・Google Play Musicのダメなポイント

音楽ジャンルごとに分けたプレイリストがない。

もうね、最悪です。

タイトル
シンプルな

だよ
「音楽を聴く」って考えたときに、好きなジャンルを選べないんですよ?

メタルを好きな人が新たなメタル音楽を探そうとしたときに、何もできない。

この時点で、サービスとしてアウトです。

 

⑵Amazonプライム会員だと値段が安い

各サービスの月額は以下の通り。

月額比較表
  • Amazon Music Unlimited→Amazonプライム会員:780円非会員:980円)
  • LINE Music→960円
  • Google Play Music→980円

Amazonプライム会員であれば、年間で2400円もお得なんですね。

てか、そもそもAmazonプライム会員じゃないこと自体がヤバいです。

確実に人生損していますから。

年額3900円(月額325円)でありえない数のメリットがあります。

以下はほんの一例。

Amazon Prime会員が得られるメリット
  1. Amazonの送料無料
  2. お急ぎ便、お届け日指定も無料
  3. プライム・ビデオ見放題
  4. Kindle電子書籍の一部見放題
  5. プライム・ミュージック100万曲聴き放題

ちなみに、プライム・ミュージックの拡張版がAmazon Music Unlimitedです。

有名どころの洋楽を聴くならプライム・ミュージックだけでも十分なので、プライム会員になって損はないですよ、マジで。

 

先ほどSpotifyで述べたことと同じですが、Amazon Music Unlimitedもユーザー視点を徹底しているんですよ。

「こんな風に操作できたら便利だろう」という心づかいが根底に見えるんですんね。

Google Play Musicがプレイリストを探しにくかったり、あるいはLINE Musicが購入を促したりするのは、あくまで企業優先の考えです。

Amazonだって、その気になれば販売へのリンクをぶち込んで購買に繋げられるんですよ。

ただ、それをやらないんですね。

あくまで「音楽を自由に聴いてもらいたい」という姿勢を貫いています。

 

チェック②

洋楽・邦楽問わずスタンダードに聴きたければ、ユーザー視点が徹底されたAmazon Music Unlimitedがオススメ!

そもそも、Amazonプライム会員じゃないこと自体が損してる!

 

⒊邦楽メイン、かつ使いやすさ重視ならレコチョクBest

邦楽に強いのは「レコチョクBest 」「AWA」の2つです。

この2つの比較は、こちらの記事で行いましたので参考にしてもらえれば。

結論だけ言っちゃうと、「レコチョクBestのプレイリストは使い勝手が良すぎ」です。

 

⒋おまけ

中国の音楽(C-POP)が好きな人に限り、「KKBOX」がオススメ。

台湾のサービスなので、ユーザーも中国人の方が多く、楽曲豊富です。

何より面白いのが、「Listen With」という機能。

他のユーザーが今何を聴いているのかが分かり、それを一緒に聴くことができます。

画面でお見せするとこんな感じ。

中国人ユーザーがの多さが一目瞭然ですね。

本場の人が何を聴いているか分かるって、C-POPが好きな人には鼻血モンじゃないでしょうか?

 

無料体験&実際に比較が1番オススメ

ここまで見てもらいましたが、結局は自分で体験してみるのが1番早いんですよ。

使いやすさの指標は人によって違ったりしますし。

どのサービスも無料体験期間がある(Spotifyは3ヶ月で100円)ので、とりあえず登録してみましょう。

とはいえ、僕みたいに9コも登録するのはアホくさいので、以下に従って2コ登録すると良いです。

登録すべき2サービス

とにかくディープな音楽を掘り出したい!!!

「Spotify」&「Apple Music」

世界中の音楽が、ここにある。【Spotify】

自由な生活を始めよう。【Apple Music】

 

コンスタントに洋楽・邦楽が聴きたい!!!

「Amazon Music Unlimited」&「LINE Music」

Amazon Music Unlimitedを無料体験する。

LINE Musicの無料体験はこちら!

 

邦楽をメインで聴きたい!!!

「レコチョクBest 」&「AWA」

充実した邦楽・プロが作成したプレイリストが聞き放題!【レコチョクBest】

4000万曲以上の音楽が聴き放題【AWA】

皆さま1人ひとりの要望に合わせて、2つのサービスに登録してみてください。

実際に比較することで、自分に合ったサービスが分かりますからね。

体験して合わない方を解約しても良いですし、「ストリーミング自体が合わないなぁ」と感じたら2つとも解約すれば良いんです。

とにもかくにも、まずは無料でガンガン使ってみましょう!

 

体験期間は1ヶ月~3ヶ月まで様々ですが、ぶっちゃけ2日使ってみれば合う合わないは分かります。

「いらね」と思った瞬間に解約しちゃうのがポイントですよ。

解約忘れてお金引き落とされるほど、虚しいものはないですから。

 

ストリーミングサービスは生活の質を上げる

ストリーミングで音楽を聴くようになると、CDを買ったり借りたりしていたのがアホらしくなりますよ。

だって、CD発売日に配信されるから買う必要ないし、借りるわけでもないので返しに行く必要もないし。

ストレスフリー!!!!!

「もっと早くに使い始めていれば・・・」

と後悔したものです。

ストリーミングで聴きつつ、本当に好きな音楽はアナログレコードを買う、というのがベストなチョイスですよ。

というわけで、まだ音楽ストリーミングを経験したことがない方は、ぜひとも無料体験してみてくださいね!

それでは、今日はこの辺で!

にょけん

スポンサーリンク