音楽配信サイト比較!実際に10サービス使ってランキング3決めた

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

困ったマン
音楽配信サービスに入りたいけど、どれがおすすめなんだろう…
困ったさん
他の比較サイトも見たけど、ズラーって表が並べてあってよくわかんないや…

こんなお悩みに答えます。

結論からいうと、

  • 学生さん or ディープな洋楽が好きで、音質にこだわる人
    Spotify
  • Amazonプライム会員で、コスパ重視の人
    Amazon Music Unlimited
  • ちょい高くても、邦楽大好きでMVも見たい
    YouTube Music

実は僕も初めは比較サイト見てたんですが、よくわかんなかったので実際に10サービス利用しました。

その結果、本当におすすめだと感じたのが上記の3つです。

ちなみに、登録したのは以下。

登録したサービス
  1. Spotify
  2. Amazon Music Unlimited
  3. YouTube Music
  4. Apple Music
  5. LINE Music
  6. Google Play Music
  7. 楽天Music
  8. RecMusic(旧レコチョクBest)
  9. AWA
  10. KKBOX

 

スポンサーリンク

【1位】音質最高&音楽マニア向け
「Spotify」

「Spotify」は音楽配信サービスの先駆けだけあって、音質や配信ラインナップへのこだわりが強いです。

また、あなたが学生さんなら、全サービスの中で月額がもっとも安い!

 

①Spotifyの音質は最強

今回紹介する他2つの最高音質が256kbpsなのに対して、Spotifyは320kbps

といいつつ、ここはあんま重要じゃないです。

こちらのサイトで128kbpsと320kbpsの聴き分けテストができますが、多分違いはわかりません。

本当に音質の差を分けるのは、イコライザー設定ができるかどうかです。

イコライザーって?

低音や高音を自分好みにブーストできる機能だよ!

Spotifyでは、「右上の歯車マーク>再生>イコライザ」で設定可能!

今回紹介する中でイコライザー設定ができるのが、Spotifyだけなんですよ。

イコライザーを設定できないのは、正直なところ音楽サービスとして相当痛いです。

「EDM聴くときは低音を強調、ロックでは高音をきらびやかにしよう!」みたいなことができないからね…

これが可能ってだけで、音質がめちゃくちゃ変わってきます。

 

Spotifyユーザーに注意!

Spotifyは、初期設定で音質にリミッターをかけています。

「右上の歯車マーク>再生>オーディオノーマライズを有効」をオフにしましょう!

これをしないと、のっぺりした音になってしまいます。

 

②Spotifyの配信ラインナップは最強

Spotifyの配信曲ラインナップは頭おかしいです。

最初に「Spotify狂ってんな」と思ったのは、ドンキーコングのサウンドトラックが大量に出てきたこと。

数、異常

Spotify、頭おかしい。

営業の人、優秀すぎるだろ。

「これは無いだろうな〜」っていうのが普通に配信されてます。

 

③学生なら「月額480円」で最安値

学生さんの場合は、「月額480円」で全サービスの中で最安値!

 

 

スポンサーリンク


【2位】Amazonプライム会員ならコスパ神
Amazon Music Unlimited

あなたがAmazonプライム会員で、かつ安さや操作性を重視するなら、Amazon Music Unlimitedがおすすめ

 

①Amazonプライム会員なら安い!

プライム会員だと「月額780円 or 年額7800円(月額換算650円)」で、これは全サービス中トップのコスパです。

>>参照;Amazonプライム会員の9コの特典は?

 

②アーティストによる楽曲解説「Side By Side」が面白い

Amazon Music Unlimitedだけの特典として、アーティストが自身の曲を解説するプログラムがあります。

例えば、ポルノグラフィティ「アゲハ蝶」大サビ前のコーラスには実はヒミツがあって…

みたいなことをポルノグラフィティ本人が語ってくれます。

「あの曲はこうやってできたのか…」みたいな裏側を知れて楽しい!
Side By Side配信アーティスト
  • ポルノグラフィティ
  • [Alexandros]
  • UVERworld
  • ももいろクローバーZ
  • TWICE
  • THE YELLOW MONKEY
  • くるり
  • tofubeats
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • Dragon Ash
  • GLAY
  • 宮野真守
  • ケツメイシ
  • 槇原敬之
  • ORANGE RANGE
  • HY
  • 高橋優
  • CHEMISTRY
  • 湘南乃風
  • JUJU
  • AI

 

③万人ウケするプレイリスト

Amazon Music Unlimitedのプレイリストは、完成度高いです。

「あーこれよく聞くわ〜!」って曲がゴッソリ入っていて、ドライブとかで超使いやすい。

 

 

ちなみに、Amazon Music UnlimitedとSpotifyについては、以下記事でもう少し詳しく比較しています。

>>【比較】AmazontとSpotifyはどっちがおすすめ?

よろしければご覧ください。

 

【3位】米津玄師や星野源も聞ける!
YouTube Music

YouTubeにある動画を、音楽として聴けるサービスです。

普通のYouTubeと何が違うの?

って話ですが、YouTube Musicは音楽特化サービスなので、以下のような機能があります。

  • 自分に合わせたおすすめを教えてくれる
  • いろんなプレイリストが聴ける
  • 曲をダウンロードできる

こんな感じ↓

 

①米津玄師や星野源など、他サービスで配信されていないアーティストを聴ける

米津玄師や星野源など、他のサービスでは配信されていないアーティストも聴けるのが強みです。

 

②iPhoneの場合、月額が高い

Androidだと他サービスと同じ月額980円ですが、iPhoneだと月額1,180円と高額。

SpotifyやAmazonと比べてそれほどの性能差があるかって言われると、正直ビミョーなとこではありますね。

ただ、操作性はYouTubeに似ているので、YouTubeを頻繁に見る人なら使いやすいかと思います。

 

③音質は低くしないと、通信料が高い

元が動画なので、他サービスに比べて若干通信料がかかります。

そのため、「音質を低くする」「Wi-Fi環境でダウンロードしてオフラインで聴く」などの工夫が必要かも。

 

 

【まとめ】3社カンタン比較

紹介した3つを、カンタンに比較します。

  Spotify
Amazon YouTube
配信曲数 約4000万曲
約6500万曲 YouTubeにある分
邦楽
洋楽
洋楽>邦楽
洋楽>邦楽 洋楽≧邦楽
月額 [学生]
→480円

[その他] →980円
[プライム会員] →780円(※)

[非プライム会員]

→980円
[iPhone]
1,180円

[Android]
→980円

無料期間 30日間
30日間 30日間
最高音質 320kbps
256kbps 256kbps
イコライザー
曲のダウンロード
プレイリスト作成
広告 なし
なし なし

※年額7800円(月額換算650円)も可

 

シンプルに考えると、以下のような結論になると思います。

  • 学生さん or ディープな洋楽が好きで、音質にこだわる人
    Spotify
  • Amazonプライム会員で、コスパ重視の人
    Amazon Music Unlimited
  • ちょい高くても、邦楽大好きでMVも見たい
    YouTube Music

 

また、いずれも30日間の無料体験ができるので、実際に使ってみるのもおすすめです。

僕も結局はそれで決めましたし。

「使いやすさ」は人によって感覚も違うので、まずはお試ししてみると良いでしょう!

 

 

また、本題とは逸れますが、Amazonプライム会員は絶対入っておいた方が良いです。

年額4000円(月額換算325円)で、以下サービスが受けられるイカれサービスなんで。

Amazonプライム会員特典
  1. 配送料無料!
  2. 映像作品が見放題!
  3. 100万曲が聴き放題!
  4. 容量無制限で写真を保存!
  5. 会員限定セールに参加!
  6. 900冊が読み放題!
  7. ベビー用品が常時15%オフ!
  8. ペット用品が常時10%オフ!
  9. 都内在住者は生鮮食品を買える!

>>参照;Amazonプライム会員の9コの特典を解説!

 

【おまけ】他の音楽配信サービスについて

他のサービスについても、軽く触れておきますね。

紹介した3つ以外は、基本的にクソでした。

 

Apple Musicは超使いにくい

Apple Musicは配信ラインナップは良いのですが、操作が分かりにくい上に画面がダサいです。

例えば、個人に合わせておすすめを紹介する「For You」って機能があるんですが、謎のプッシュをしてくる。

僕はレッチリやストロークスみたいな「洋楽ロック」が好きって登録したのに、

クリスタル・ケイおすすめされた!?

 

LINE Music

「配信されていると思ったら購入限定だった」というガッカリが多すぎます。

例えば、LINE Musicで「米津玄師」を検索すると、曲は出てくるんですよ。

「やったー!」と思いきや、曲名の横をご覧ください。

このマークが付いているものは、課金する必要があります。

こんな感じで、「1回喜ばせてから実はお金いります」ってパターンが多くてイライラしました。

買うならiTunesで買うわ

 

Google Play Music

音楽ジャンルごとに分けたプレイリストがない。

もうね、最悪です。

メタルを好きな人が新たなメタル音楽を探そうとしたときに、何もできない。

この時点で、サービスとしてアウトです。

 

楽天Music

「配信曲数が他の1/8のくせに月額は100円高い」というゴミ

 

RecMusic(旧レコチョクBest)

以前は邦楽の独占配信が多数あったけど、今はオワコン。

しかし、全サービスの中で唯一レミオロメンが配信されている。

 

AWA

以前は邦楽が強かったですが、今は特筆すべき点がないですね。

ただ、運営元がエイベックスとサイバーエージェントっていう日本企業なんで、画面デザインとかはカッコいいです。

あと、基本的にボタン2つを使うだけで大体の操作ができるので、操作性も高い。

>>参照:音楽アプリAWAの使い方を徹底解説!2つのボタンだけ覚えればOK

 

KKBOX

中国ポップ(C-POP)が好きな人にはおすすめです。

台湾のサービスなので、ユーザーも中国人の方が多く、楽曲も豊富。

あと、他のユーザーが今聴いている曲を一緒に聴ける「Listen With」って機能が面白いです。

中国人ユーザーがの多さが一目瞭然ですね。

本場の人が何を聴いているか分かるって、C-POPが好きな人には鼻血モンじゃないでしょうか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Twitterフォローしてね!!!

有益な無益をつぶやくよ↓↓↓

にょけん

スポンサーリンク