志村ロスの人、現行フジファブリックのライブを見てくれ

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

フジファブリックといえば志村。

志村がいなくなってから聴かなくなってしまった。

こんな人、多いのではないのでしょうか?

僕も気持ち分かるんですよ。

つい最近まで、全然聴いていなかったから。

アルバム「LIFE」までは追っていましたが、やっぱり志村がいないとなぁ」と感じていました。

もちろん、ライブも行っていません。

「昔の曲やるにしても、志村の声じゃないしなぁ…」

と考えていたから。

ただ!

ただですよ?

Spotifyで現行フジファブリックのライブアルバムを聴いたら、印象が180度変わりました。

YouTubeで現行フジファブリックのライブを見てから、アドレナリンが爆発しました。

今のフジ、超いいバンド。

ライブ、超行きたい。

 

山内のボーカルが超いい味を出している

昔は単に「志村に寄せた歌い方してんなぁ」って感じでしたが、今は違います。

志村チックな、のペーっとした歌い方はそのままだけど、芯があるんですよ。

だから、盛り上がる部分とかで声を張ったときが超エモい。

志村の曲でもです。

例えば、以下のティーザー映像”0:29〜0:51″には「陽炎」があります。

かなりエモい。

 

“1:39〜2:10″の「若者のすべて」では、志村のフラついた声とは少し違って、まっすぐな声が刺さります。

しかも、何気に音程も的確。

相当練習したんじゃないかなぁ…。

曲と志村に対する愛を感じられます。

 

バンドの演奏力が高い

フジのメンバーは、もともとアホほど楽器がうまいです。

ただ、何気にデカイのが、現サポートドラムBoboの存在。

「誰やねん」って人もいるかもですが、ドラム界の神です。

フジ以外にも、多くのサポートを務めています。

Boboサポートバンド
  • 雅-MIYAVI-
  • TK from 凜として時雨
  • くるり
  • フジファブリック

Boboがドラムを叩くと、スピード感とグルーヴが勝手に出てくるんですよね。

例えば、以下の映像1曲目は「Green Bird」という現行フジの神曲ですが、ストリングスに対してバスドラムが微妙に前に出ています。

自然と身体がテンションを上げるんですね。

これがBoboクオリティ。

余談ですが、”1:10〜1:23″の「サボテンレコード」が超カッコいいです。

 

スポンサーリンク

現行フジファブリックのライブは演奏力も高く、志村の曲も最高。

どうでしょうか?

「志村がいないと…」と感じていた方も、「あれ?まぁまぁいいじゃん。」と感じていただけましたか?

聴き比べると、やはりまだ「志村の曲の方が良いなあ…」と思うことが多いですが、ライブでガッカリすることはないと思います。

志村の曲もアレンジでどんどん進化しているし。

興味があれば、DVDを見てください。

 

 

「DVD買うのはちょっと高いし、音楽として聴きたいんだよなぁ…」

こんな方には、音楽ストリーミングサービスがオススメです。

DVD音源も配信しているという神仕様なので。

よければ、以下の記事をご覧ください。

それでは、今日はこの辺で!

にょけん

スポンサーリンク