【昔の邦ロックバンドもおすすめだよ?③】ゆらゆら帝国

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

「邦ロック大好き!」という10代・20代の方、いませんか?

邦ロックとは?

日本のロックのことだよ!

対義語は、洋楽ロックを指す「洋ロック」 

現在の「邦ロック」といえば、KANA-BOONやKEYTALK、あるいはワンオクなどですね。

確かに彼らの音楽は非常に高度なのですが、僕は本当に「ロック」と呼べるのか微妙に感じるんです。

いきなり邦ロックファンを敵に回すような発言をしてすまない。

でも、どうしても、「ポップ」や「ダンサブル」という要素が強く、そこにロックの要素を混ぜている印象を受けちゃうんですよ~。

そこで、「本当に皆『邦ロック』が好きなんですか?」という挑発もこめて、自分が「本物のロック」だと感じる日本人アーティストを紹介していきます。

今回は、ゆらゆら帝国です。

 

ゆらゆら帝国は、多くのバンドが現れた1990年代でも異彩を放っていた

平成初期の1990年代、日本は空前のバンドブームでした。

現代はアイドル戦争なんて言われて、多くのアイドルが頑張っていますが、それのバンドバージョンがあったわけです。

メジャーどころでいえば、

1990年代のバンド一例

  • スピッツ
  • Mr.Children
  • THE YELLOW MONKEY
  • エレファントカシマシ
  • JUDY and MARY
  • X JAPAN
  • GLAY

などなど。めちゃめちゃ豪華な顔ぶれ。

現在も第一線で活躍するアーティストが多いですね。

ただ、彼らはロックであると同時に「歌謡曲的な部分」も持ち合わせているんですよ。

良くも悪くも、「昭和の邦楽をエネルギーにしている」イメージです。

しかし、このバンドブームの中で、異彩を放つ3組のバンドがいました。

それが、

バンドブームの中で最もロックな3組

  1. THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)
  2. BLANKEY JET CITY(ブランキー・ジェット・シティ)
  3. ゆらゆら帝国

です。

①THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの記事はこちら

【昔の邦ロックバンドもおすすめだよ?①】THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)

2018.03.21

 

②BLANKEY JET CITYの記事はこちら

【昔の邦ロックバンドもおすすめだよ?②】BLANKEY JET CITY(ブランキー・ジェット・シティ)

2018.03.22

スポンサーリンク

 

ゆらゆら帝国ってどんなバンド?

変態が3人集まったバンド。これに尽きる。

通称は「ゆら帝」です。

音楽性も変態。

どの曲もクセがありまくりで、一筋縄ではいかない。

とりあえずアルバム1枚見せますが、曲のタイトルのクセがすごい!

 

 

一体どんな曲やら…。

 

隙がある楽器アレンジと、謎のメロディセンス

上に載せたアルバムから、いくつか見ていきましょう。

まず、

「はて人間は?」

この曲、ゆら帝をよく表しています。

不協和音っぽいギターと、縦横無尽に駆け回るベース、淡々とタイトに刻むドラム。

そして、謎に耳に残る歌メロ。

この曲の裏声になる部分(しているぅ〜、出かけるぅ~、うたがうぅ~ってところ)、めちゃめちゃ耳に残りません?

「良い曲」とか「感動する」とかじゃなく、「うわ、面白え」と思わせてくるんですよね〜。

不思議ロックの極み、ここにありです。

 

「急所」

ゆら帝のスタンダードロックサウンドでありつつ、歌詞も面白いです。

「急所」というタイトルから、殺伐とした闘いの歌かと思いきや、「君は僕の急所」という歌詞が出てくるんですよ。

「僕は君にどうしても弱い」ということを「急所」と表現しているわけですよ。

まさかのラブソング。

曲だけじゃなくて、詞もこだわりが見えますね。

 

21年続いた長寿バンドで、後期はムーディーな名曲が多い

ゆら帝はすでに解散していますが、1989年〜2010年まで、21年間も続いた長寿バンドでした。

ちなみに、上で述べた他の2組は、いずれも10年ちょっとで解散しています。

  • ミッシェル:1991年〜2003年
  • ブランキー:1987年〜2000年

ラストアルバムは2007年発売ですが、長く続けたバンドにしか出せない「成熟度」が見られるんですよ。

もともと全員の技術力がエグいので、成熟するほどに楽曲のクオリティが上がり、ラストアルバムで「空洞です」という名曲が生まれました。

バンド16年目にして、「俺は空洞」なんて虚しい歌詞を歌い上げる姿は、まさにロックそのもの。

結成から解散まで、売れ線を意識せずとも人々を興奮させ続けた姿勢に感服です。

 

最近のバンドが好きな10代・20代の人もゆらゆら帝国を聞こう

ゆらゆら帝国は、ある意味で今っぽいバンドでもあります。

単にストレートなだけでなく、ひねくれた要素が多分に含まれていますからね。

People In The Box、アルカラなどの不思議サウンドが好きな人はハマるかと思います。

ゆらゆら帝国、10代・20代の方も是非聴いてみてください。

ただ、残念なことに、ストリーミング配信ではあまり曲数が無いので、CDレンタル・購入をおすすめします!

おすすめアルバムは以下の3つかなあ。(空洞ですはストリーミングサービスにあるので除外)

 

 

 

 

にょけん

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です