ギター初心者が初めて買う歪み系エフェクターは【BOSS BD-2】がベスト。

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

エレキギターを初めて少し経つと、欲しくなるのがエフェクター。

中でも、歪み系エフェクターはギタリストの必須アイテムです。

 

歪み系エフェクターって?

ギターの音をザラつかせる効果があるよ。

ザラつきの強さによって、以下の3種類に分かれるんだ!

(右に行くほど、ザラつき度が抑え目)

ファズ>ディストーション>オーバードライブ

これがあれば、簡単にギターの音をプロっぽくできちゃうんですよ。

僕もギターを弾いては「なんかCDと音が違う…」と悩んでいましたが、歪み系エフェクターを買って解決しました。

初心者ギタリストの皆さん、エフェクターがほしくなってきたでしょう?

でも、初めて買う人は「種類がありすぎて分からない…」と困るはずです。

今回は、そんな悩める仔羊様たちに、歪み系エフェクター購入の初手を伝授いたします。

 

スポンサーリンク

 

初めての歪み系エフェクターは【BOSS BD-2】を選んでおけばOK

いきなり結論から書いてしまいましたが、最初の1つ目は【BOSS BD-2】に限ります。

BDはブルースドライバーの略で、ブルースに適したオーバードライブということ。

「え?僕/私ブルースなんか弾かないよ!」と言いたい気持ちもわかりますので、先にお答えしておくと、ブルース以外のジャンルにも全然使えます。

というのも、設定次第で歪みのニュアンスを幅広く変えられるんです。

その点については後で触れるとして、まずはなぜ初心者にこのBD-2がおすすめか、理由を3つ書いていきます!

 

おすすめ理由①出せる歪みの範囲が広い。

一般的なポップやロックを演奏するのであれば、この1台でカバーできます。

例外はメタル。あれは別物なので、もっと激しい歪み系エフェクターを選ぶ必要があります。

(メタラー向けの歪み系エフェクターについても、機会があれば書きます。)

では、どこまでカバーできるのか、2分弱の動画を見てみましょう。

歪みのニュアンスが変わるポイントは以下の通り。

ポイント

  • (0:00~0:39)骨太でブルージーなロックサウンド
  • (0:39~0:57)鋭くて歯切れの良いロックサウンド
  • (0:57~1:27)哀愁漂うクランチサウンド

どうでしょう。この1分半の間に、あなたの出したい音があったのではないでしょうか?

哀しいサウンドから激しいサウンドまで、応用範囲が広いです。

特に、(0:57~1:27)みたいなクランチサウンドを出せるのが【BOSS BD-2】の強みですね。

他の歪み系エフェクターは、(当たり前だけど)「歪ませる」ことを目的にしているので、激しいサウンドしか出せないんですよ。

この「クランチ=軽い歪み」という痒いところに手が届くエフェクターは意外と少ない。

その割に、邦楽洋楽問わず、クランチサウンドは多用されています。

「Aメロ・Bメロは抑え目なクランチギター→サビで一気に激しいロックギター」みたいなパターンが曲の定石になっていますからね。

BD-2が2台あれば、1曲の中で「クランチ→激しいサウンド」も実現可能なわけですよ。

というわけで、1つ目のおすすめ理由が「出せる歪みの幅が広い」でした。

 

おすすめ理由②:値段が安い。

初めて買うのであれば、様子見として「まずは安いのから…!」って思いますよね?

その考え、賛成。

高い買い物して後悔するほど、虚しいことはないですからね。

【BOSS BD-2】の値段は新品で9,720円です。

「え…?高くない?」と思うかもしれませんが、エフェクターは基本1万円を超えます。

ですから、かなり安いと考えてよいでしょう。

ちなみに、BOSSのエフェクターは新品で買ったほうが良いです。

ヤフオクやメルカリで買うと、割とすぐぶっ壊れたり、不備があったりするので。

BOSSのエフェクターって定番商品なので、中古でも割と良い値段で売れるんですよね。

それもあって、明らかな不良品が出回っていることも多々あります。

見た目がキレイでも、つまみを回したときに、ガリガリと音がしたりとか。(経験済み)

何度も同じ失敗を繰り返してきたので、ここでは声を大にして言います。

BOSSのエフェクターは新品で買うに限る。

(コレクション目的や廃盤製品はこれに限りませんが)

1万円以下で理想の音が手に入ると考えれば、妥協しないほうが良いですよね。

というわけで、おすすめ理由の2つ目は「値段が安い」でした。

 

 

おすすめ理由③操作が簡単。

BOSS BD-2は、「3つのつまみ」をいじるだけで音作りができます。

左から、以下の機能を持っています。

各つまみの機能

  • LEVEL:音量の強さ
  • TONE:音の高さ
  • GAIN:歪みの強さ

いすれも右に回すほど、強さ/高さが上がります。

初めて見る人は、「3つもあると難しそう…」と思うかもしれませんが、逆です。

つまみは、少なすぎても、多すぎても、扱うのが難しいんですよ。

つまみが1つだと、細かい調整ができません。

反対に、つまみが5つも6つもあると迷走します。

その点、BD-2の「3つ」は適度に操作しやすいんですよ。

初心者でも、3つのバランスを直感的に考えて扱える。

というわけで、おすすめ理由の3つ目は「操作が簡単」でした。

 

BOSS BD-2は多くのプロアーティストに使用されている。

【BOSS BD-2】は、クオリティの高さから、有名なミュージシャンも使っています。

  • BUMP OF CHICKEN:藤原 基央
  • サカナクション:山口 一郎
  • チャットモンチー:橋本 絵莉子
  • くるり:岸田 繁
  • ACIDMAN:大木 伸夫
  • the pillows:山中 さわお
  • NUMBER GIRL:田渕 ひさ子

海外では、ラリー・カールトンなんかも使っています。

 

 

総合力で考えると、初めての歪み系エフェクターは【BOSS BD-2】がベスト

ここまで見てきてもらって分かるとおり、【BOSS BD-2】には特筆すべき欠点がないんですよね。

しいて言うなら、高音域が少しモゴモゴするくらい。

でも、まぁアンプのトーンでカバーできますしね。

「出せる歪みの幅が広く、値段が安く、操作も簡単、プロも使用

まさに、初心者にうってつけの歪み系エフェクターなわけです。

気になる方は是非買ってみてください。

 

 

↓↓日本最大の楽器店「石橋楽器」でも取り扱いがあります。↓↓

 

最後に:BD-2の弱点「高音」を克服した【BOSS BD-2w】

【BOSS BD-2】は長年の人気モデルでありつつ、一定層の人は上でも述べた「高音のモゴモゴ感」に不満を持っていました。

これを解消するべく、新装版として【BD-2w】というモデルも発売されています。

単に音の抜けが良くなっただけでなく、歪みのモードが選べたり、応用の幅がさらに広がりました。

が、正直高い。

個人的には、初めて買うのであれば【BD-2】で問題ないと感じる今日この頃です。

 

 

 

にょけん

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です