Arctic Monkeys(アクモン)の新作「Tranquility Base Hotel & Casino」が難しすぎた

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

昨日(2018/5/11)アクモンのニューアルバム「Tranquility Base Hotel & Casino」がリリースされました。

前作AMから実に5年ぶりのアルバムですが、感想から言うと

ビミョー

かなり心待ちにしていただけにちょっとガッカリだったので、どんな点がビミョーだったのか書いていきます。

スポンサーリンク

 

ビミョーな点①:ロック要素が皆無

とりあえず1曲聴いてみてください。

 

もうね、ロックじゃなくて「シック&ダンディズム」というジャンル。

ロック要素が完全に消えました。

僕、AMは大好きなんですよ。

1st・2ndの匂いを感じるから。

ただ、今回は…うーん…

やっぱりどこかで、「1st・2ndこそがアクモンじゃい!」って気持ちがあるんです。

(アクモン知らない方、1stアルバムはこんな感じでした↓)

ビミョーな点②:曲に振り幅が無い

前作AMにも、クールで淡々とした曲はいくつかありました。

ただ、今作は「クールで淡々とした曲だけ」なんですよ。

正直中盤で「あれ?またこんな感じの曲?」って感じで飽きがきます。

AMは「Do I Wanna Know?」というミディアムスローで渋い曲から始まったものの、「R U Mine?」みたいに直球ロックな曲もありました。

バラエティに富んでいるからこそ、淡々とした曲がアルバム内で映えるんでが、今作では全部淡々としているので、映えるどころか埋もれてしまっています。

同じような曲の中で、「まぁコレとコレはそれなりに良い曲かなぁ…」みたいな感じ。

 

もしかしたらこれから好きになるかも?

実は、僕は3rd「Humbug」を最初に聴いたときも、

ビミョー

って思ったんですよ。

1st・2ndの単純にひたすらカッコいいロックアルバムを期待していただけに、「これじゃない感」を強く感じたんですね。

でも、Humbugも何回か聴くうちに大好きなアルバムになりました。

「あれ?Crying Lightningのギターワークめちゃくちゃ面白いぞ?」

とか、曲の持つ本質が見えてくるんですよね。

そうすると、

「あ、アクモンこのアルバムでこんなことがしたかったのね」

ってのも理解できてきます。

このモード(通称悟りモード)に入ると見方が変わり、突如神アルバムになったりします。

なんで、もしかしたら何回か聴くうちに好きになるかもしれません。

ただ、さすがにロック要素なさすぎるからなぁ…。

どうなるかは分かりませんが、アクモン自体が最高なアーティストであることは間違いないので、気長に聴いてみたいと思います。

Tranquility Base Hotel & Casino

国内盤

 

輸入盤

 

Arctic Monkeys(アクモン)の曲を聴くなら音楽ストリーミングがオススメ!

アクモンに限らずですが、音楽を聴くならストリーミングがおすすめです。

なんと、「Tranquility Base Hotel & Casino」も発売日に聴けちゃいました。

月額1000円未満で聞き放題なので、アルバム買うよりも断然お得なんですよね〜。

その辺の比較も含めて以下でまとめていますので、よろしければご覧ください。

Arctic Monkeys(アクモン)を各種ストリーミングサービスで聴こう!▼

関連記事:音楽ストリーミング9コに登録した僕がオススメするサービスは?

関連記事:邦楽が好きなら「AWA」と「レコチョクBest」を無料体験すべし!

 

あと、アクモンの過去アルバムについてまとめた記事もあるので、よければぜひご覧あれ!

Arctic Monkeys(アクモン)初心者におすすめのアルバム順とは?

2018.03.14

にょけん

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です