フジファブリック志村とのラストアルバム「MUSIC」の音は特別だ

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん@nyoken_boxです。

フジファブリック、志村がいなくなって初めてのアルバム「MUSIC」

 

ファンにとっても、フジファブリックにとっても、大切な意味を持つアルバムです。

何度聴いて、何度嗚咽を漏らしたでしょう。

アオハライドの映画見て泣いてるヒマがあったら、MUSICを聴くんだ。

メンバーがどこまで意識していたかは分からりませんが、志村の遺した作品を届けたいという気持ちが溢れまくってとめどない。

改めて聴いた感想を語っていきます。

 

スポンサーリンク

MUSIC (2:22)

(作詞・作曲:志村正彦)

もう、最初の1音で全てが分かる。

16ビートのアコギと、トレモロがかったシンセ。

切なさが染み渡っています。

「あぁ、志村は死んでしまったんだ」

そう突きつけてくる音。

ちなみに、ドラムを抜いているのは志村の提案です。

「君を見つけて〜」から流れるコーラスが、さらに涙腺を刺激します。

1曲目から涙で歌詞カードが見えねえ。

 

スポンサーリンク

夜明けのBEAT (3:42)

(作詞・作曲:志村正彦)

ドラマ「モテキ」の主題歌で、フジファブリックの代表曲。

くしくも、志村の死後に発表された曲で世間に認知されました。

ナヨっとしながらもキレと疾走感がある、まさに「志村」を体現した曲。

楽器はノリを残しつつも、一音一音を大切に弾いている印象を受けます。

ちなみに、後半のギターソロは志村が弾いたもの。

「俺、いいギター弾くだろ?」と、ニヤニヤしながら言ってたとメンバーが語っています。

いいギター弾いてるよ、志村。

また、PVには志村がいる頃のライブ映像が使われています。

 

Bye Bye (4:47)

(作詞・作曲:志村正彦)

哀愁を歌わせたら志村の右に出る者はいない。

「若者のすべて」や「茜色の夕日」を思わせる曲です。

間奏の後ろで響く「バイバイ」というコーラスは、色々なテイクを重ねて検証し、最高なものをメンバーが選んだそうです。

志村に向けて手を振っているようで胸が痛い。

実は、PUFFYへ提供した曲のセルフカバー。

こちらもとても良いからファンは聴いてみてほしいです。

以外にも、PUFFY用アレンジの方がロック成分強め。

Hello (4:20)

(作詞・作曲:志村正彦)

跳ねるようなキーボード&ギター。

多幸感溢れるサウンドに対し、歌メロは切ない。

「ギターをたくさん入れたい」という志村の言葉を尊重したバンドサウンドですね。

また、締めの歌詞がなんとも苦しい。。。

ハローハローハローハロー

あの日の言葉はグッバイさ

ハローハローハローハロー

いつかはまたこう言えるのかハロー

志村が何かを予感していたわけではないだろうが、どうしても関連付けてしまいます。

 

君は僕じゃないのに (5:18)

(作詞・作曲:志村正彦)

ベースとドラムが入ったあたりで曲が壮大になりますが、音はズッシリ重いです。

MUSICのバラード全体に言えることですが、弦楽器の音が激しくて切ない。

ソロギターの歪み方も、曲調から考えると「歪み過ぎじゃね?」ってくらいジャキジャキしてます。

ただ、その真に迫る音と繊細なピアノのギャップが美しさを際立たせるんですね。

 

wedding song (5:09)

(作詞・作曲:志村正彦)

結婚するマネージャーのために、志村がコッソリ作った曲。

アルバム内で最も明るい音が鳴っています。

Cメロの「お嫁さぁ〜ん」とか「新郎さんでぇぇぇえす」の言い方が、悲しいくらいに志村。

単純に元気なわけではなく、「幸せ」を感じさせる音がしっかり鳴っている点がすごいです。

 

会いに (4:43)

(作詞:志村正彦・加藤慎一 作曲:志村正彦)

歌メロと、「会いに行くよ」という歌詞しか残されていなかったため、残りをメンバーで仕上げた曲。

メンバーの山内、加藤、金澤の3人がそれぞれ作詞とボーカルレコーディングを行い、もっとも良かった組み合わせ(作詞:加藤、ボーカル:山内)となりました。

「何としても志村の曲を完成させたい」という気持ちがこもっていますね。

フジファブリックって、本当に良いバンドですよね。

絶対に解散しなそう。

 

パンチドランカー(3:19)

(作詞作曲:志村正彦)

アルバム内でも、もっとも異質な音を放っています。

正直、恐い。

ギターの歪み方やベースの低音が、おおよそ邦楽とは思えないくらいの壊れ方をしています。

そんな音が、志村流の不思議&ポップロックな歌メロと相まって、かなり不安定なバランスになっている。

志村の死因は定かではないが、メンバーの行き場のない感情(やるせなさ?)が潜んでいる気がして、音だけでゾクッとしてしまいます。

 

Mirror (4:03)

(作詞:志村正彦 作曲:山内総一郎)

不思議な曲。

明るいでも暗いでもなく、楽しいでも切ないでもない。

ひたすらに不思議です。

いつも通りの、一筋縄ではいかないヒネくれた曲。

変わらないフジファブリックの芯が見させてくれる曲です。

 

眠れぬ夜 (5:46)

(作詞・作曲:志村正彦)

スタートの「MUSIC」で志村が死んでしまったことを感じますが、ラストの「眠れぬ夜」で、改めて事実を突きつけられます。

そしてできれば 何より君に先ず

伝えたい事がある

嫌がられる程何もかも

さらけてしまえたらいい

志村的にはラブソングとして作ったのかもしれませんが、僕にはそう聴こえません。

「さらけてしまえたらいい、いい、いい、いい」の部分は、何度聴いても泣ける。

志村に伝えたいことがたくさんあった。

そんなメンバーの思いが、全ての楽器から伝わってきます。

ピアノの強弱の付け方、ベースの単音を伸ばす長さ、ギターのディレイのかかり方、どれ一つ取ってもメンバーが真剣に曲と向き合っていることがわかる。

ギターソロに至っては、本当に泣き声に聴こえるほど。

フジファブリックの中で最も好きな曲だし、録音レベルは邦楽全体で見てもトップ3に入ると思います。

多分、2度と再現できない。

ちなみに、最後の間奏中に聴こえる「悲しまなくてもいい」という歌声は、志村が遺したトラックにたまたま収録されていたものです。

本当は小さくつぶやいていただけなのですが、メンバーとスタッフが話し合って、ボリュームを上げて曲に組み込みました。

さらに、曲が終わった直後の「けっこう良いんじゃないかな?」という声は、志村の肉声です。

号泣。

けっこうどころじゃないよ。

最高だよ、志村。

 

まとめ

MUSICは、今振り返っても、邦楽界の歴史に残る名盤です。

志村の死が無ければ生まれなかった曲や音かもしれませんが、志村が生きていてもきっと名盤になっていたでしょう。

いずれにせよ、志村正彦というミュージシャンの偉大さを、そしてフジファブリックの強さを、痛感させられるアルバムです。

ぜひ、今の10代にも志村がいた頃のフジファブリックを聴いていただきたい。

僕は、生涯聴き続けます。

志村正彦さん、ありがとう。

安らかにお眠りください。

 

 

Twitterフォローしてね!!!

有益な無益をつぶやくよ↓↓↓

スポンサーリンク