【ギター初心者必見】Fコードのコツは?簡単3ステップで攻略!

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

今日はギター初心者の方向けの記事です。

タイトルにもありますが、ギター初心者が躓くド定番「Fコード」

これはもう永遠のテーマです。

E・C・A・Gあたりを押さえられるようになって、「オラにこんな才能が…!」状態の皆さんをあざ笑うかの如く現れし「F」

友達のタケルくんがFにイラついて2弦を噛み切ったのも良き思い出。

今回、そんなFコードを攻略する3ステップを紹介します。

目次は以下の通り。

 

スポンサーリンク

予習「Fコードの押さえ方について」

まずは敵を知りましょう。

Fは他のコードと何が決定的に違うのか。

ちょっと定番のコードを見てみましょう。

 

Cコード

 

実際にはこう。

 

Gコード

 

実際にはこう。

うむうむ。

 

Fコード

どうした人差し指。

突然変異にビビりますね。

CやGは各指先、いわば「点」で押さえられればOkでした。

一方、Fは「線」で押さえる必要がある。

頑張っていきましょう。

 

スポンサーリンク

ステップ1「中指・薬指・小指で”E”を鳴らす」

難関の人差し指は置いておき、まずは「中指・薬指・小指」をマスターしましょう。

有益な練習方法がございます。

人差し指を使わずにEコードを押さえる。

これです。

Eコードを見てみましょう。

Eコードを押さえるとき、画像の指配置で覚えませんでした?

これを変えます。

  • 3弦1フレット:人→
  • 4弦2フレット:薬→
  • 5弦2フレット:中→

 

実際に画像で見てみると、

ではなく、

こう!!!

これで押さえてください。

もう1つ注意点があります。

それは、親指は突き出さず、立てて1フレット真裏のやや左に添えること!

画像で説明するとこんな感じです。

 

ダメな例

 

良い例

 

初めは違和感あると思いますが、Fを倒すためのレベル上げ作業です。

このフォームでEを鳴らせるようになれば、ぶっちゃけFは7割できたようなものです。

 

ステップ2「Eを1フレット右にずらす」

ステップ1のフォームでEを押さえられるようになったら、それをそのまま右に1フレット右にずらしましょう。

要はステップ1で押さえた位置を以下のように変えます。

  • 中:3弦1フレット→3弦2フレット
  • 小:4弦2フレット→4弦3フレット
  • 薬:5弦2フレット→5弦3フレット

 

これは比較的スムーズにできるでしょう。

※画像分かりにくいですけど、人差し指は浮いてますこれ。

 

上から見るとこう。

人差し指は適当でいいですが、ここでも親指は立てて2フレット真裏のやや左をキープです!

 

ステップ3「人差し指で1・2・6弦を押さえる」

さぁいよいよです。大ボス「人差し指」

ただ、安心してください。

ステップ1・2を越えたあなたなら余裕です。

 

人差し指で注目すべきは「指先」

え?????

人差し指の側面全部使うんじゃないの?

 

いえいえ、意外と重要なのは「指先」なんです。

正確には”指先の側面”

静かにしてほしいとき、人差し指を顔の前に持ってきて「しーっ」てやるじゃないですか。

あれを左手でしたとき、鼻に当たる部分です。

ここで6弦1フレットを押さえましょう。

 

はい。こうです。

 

次に、上の状態からそのまま人差し指で1・2弦を押さえましょう。

このとき人差し指を手前に引くと同時に、2フレット裏の親指をグッと押すとうまく行きやすいです。

なんとこれでFに必要な部分は全て押さえられています。

 

え!!!!!

側面全然使ってないじゃん!!!

そう。

側面なんか無理して使わないで良いのです。

人差し指で押さえるのは1・2・6弦の3つだけ。

だって、3・4・5弦は別の指で押さえてますから。

残った弦だけをカバーしてあげれば、必然的に音は鳴るのです。

 

Fコードの練習として、「まずは人差し指で1~6弦をしっかり押さえましょう」が鉄板ですが、僕は非効率だと感じます。

だって、どんなに頑張って1~6弦を押さえても、3~5弦は別の指で押さえられちゃうから。

繰り返します。

Fコードにおいて人差し指で押さえるのは「1・2・6弦だけ」

これさえ覚えとけば心に余裕が持てます。

 

ステップ4(おまけ)「日常的にFコードのフォームを練習する」

1度Fを押さえられるようになっても、これが身につくには多少の時間がかかります。

なぜなら日常では絶対使わない手のフォームだから。

ですから、日常でも練習しちゃいましょう。

右腕(左利きの方は左腕)をギターのネックに見立てれば、いつでも練習可能です。

サラリーマンは通勤電車の中で、学生は授業中ヒマなときに、自分の腕でFコードのフォームを身に着けちゃいましょう。

恥ずかしければ「腕が痒いなあ」みたいな一芝居を入れましょう。

Fコードの押さえ方で腕を掻くフリすれば「ハンマリング&プリング」の練習にもなりますよ。

 

まとめ

Fコードを押さえる3ステップを復習します。

  1. 「中指・薬指・小指」でEコードを押さえる。
  2. ステップ1で押さえた指をそのまま右に1フレット分ずらす。
  3. 人差し指は「1・2・6弦だけ」を押さえる意識。

意外と重要なのが「親指の位置」です。

これには気をつけましょう。

最後にコードに関して初心者におすすめの本を2冊ご紹介します。

 

▼コードを感覚的に理解したい人はこちら。

[amazonjs asin=”4636951069" locale=”JP” title=”GO!GO!ギターブックス しくみが解かればあとはイモヅル! そうだったんだ! ギターコードゼミ”]

図が多くて、パッと見でコードの仕組みが分かる点が良いです。

その割にカバー範囲も広いので、1冊持っているだけで応用が利きます。

 

▼理論的な話も欲しいけど小難しいのは嫌な人はこちら。

[a[amazonjs asin=”4845628325" locale=”JP” title=”初心者だって大丈夫! コードが自分で作れちゃう! 指板図くんのギター・コード講座(巻末付録:Fコードの押さえ方と攻略法) (リットーミュージック・ムック)”]p>初心者向けの解説がメインなので、読み進めやすいです。

ギター・マガジン出身者の方の本なので、知識量は間違いないですね。

読み終わると、指板の見え方が全然変わって面白いですよ。

 

余談

ここまでFコードの押さえ方を見てきましたが、やはりそう簡単にはいかないはずです。

辛くなったらFのムカつく顔を思い出してください。

嫌いな人の写真をA3で印刷&額に”F”と書いて壁に貼りましょう。

「絶対潰す」というモチベが出せれば御の字。

嫌いな人がFの付く名前だったらなお良しですね。

僕は虫が嫌いなので「ファーブル」をイメージしてました。

「何が昆虫記だクソが!気持ち悪いんじゃボケ!」って思いながら押さえてました。

本日は以上です。

全てのギタリストに幸あれ。

にょ犬🐕

スポンサーリンク