ionレコードプレーヤーの使い方!初心者向けに画像で解説

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

「レコードはCDよりも音があたたかい」

「レコードにしか出せない低音がある」

「音楽が好きならレコードを聴くべき」

最近、こんな話を聞きませんか?

「そうなのかぁ」

「買ってみようかな?」

なんて思って買ったはいいものの、再生方法が分からない!

こんな人、多いのでは?

そこで、本記事ではレコードの再生方法を画像付きで解説していきます。

これさえ読めばレコードが簡単に再生できちゃうよ!

 

スポンサーリンク

はじめに

今回使用するレコードプレイヤーを紹介しましょう。

ドン!

スピッツ30周年を記念して発売されたものです。

超レアもの!(自慢)

こちらは、ION Audio「Vinyl Motion」というモデルをスピッツ仕様にしたものです。

ION社は…ポータブルレコードプレイヤーを発売し、現在のレコードブームの火付け役となった会社。

ION Audio「Vinyl Motion」▼

今回はこちらを例に用いますが、ポータブルレコードプレイヤーの仕組みは大体同じなので、他の機種をお使いの方もご参考ください。

 

スポンサーリンク

レコードの再生方法(プレーヤーの使い方)

では、ここからレコードプレーヤーの使い方を画像付きで解説していきます。

 

①ケース背面の凸型にUSB端子を接続する。(ケーブルは本製品に付属)

白いケーブルで接続されています。

配線周りが汚くてスミマセン。

 

②音量ツマミを回して電源ON!

右の丸いツマミがボリューム調節のノブです。

電源OFF時のツマミ位置は時計の8時くらい。

時計回りにまわすことで、自動的に電源ONになります。

緑色が光っていれば電源ON。

赤色が光っているのは充電中の合図。

充電すればコードレスで使うこともできます。(4時間)

 

③針のカバーを外す。

針を保護するためにカバーがついています。

まずはこれを外しましょう。

針先には触れないように注意!

 

これを

 

こう!!!

 

④針のアームカバーを外す。

針のアーム(銀色の部分)にもカバーが付いていますので外します。

 

これを

 

こう!!!!!

 

⑤レコードを用意し、回転数を合わせる。

今回使うのはスピッツの名盤「ハチミツ」

レコードには1分間の回転数(RPM)が記載されています。

その表記に合わせて、プレーヤー本体の回転数スイッチを切り替えます。

 

ハチミツ

 

ジャケット裏に33RPMの表記が!(1分間に33回転)

 

33RPMなのでスイッチを「33」に合わせる!

ちなみに下の「AUTO STOP」はONにしておきましょう。

レコードの再生が終わり次第、自動的に回転が止まります。

 

⑥中身を出してレコードカバーの上に乗せます。

レコードの回転台の上にはフェルト生地っぽいカバーが付いています。

機種によってはゴム製のカバーもあるらしい。

レコード盤面を保護するものなので、外しちゃダメです。

カバーの上にレコードを乗せましょう。

 

カバーの上に

 

乗せる!!!!!

 

⑦アームレバーを上げる。

レコードの上に針を落とすために、まずはアームを上げます。

レバーを上に倒す!!!

 

⑧アームをレコード縁の真上に動かす。レコードが回り出す。

アーム(銀色の部分)を持ってレコード縁の真上に持ってきます。

注意するのは、「レコードの溝がない縁部分の真上」に針を持ってくること。

その際、自動的にレコードも回り出します。

CDと違い、回り出したら曲がスタートというわけではないのでご安心を。

レコードは針が落ちたときに曲が流れ出します。

 

針先の位置はレコード縁の真上。

分かりにくいですが、レコードは回っています。

 

⑨アームレバーを下げて針を落とす!!!

アームレバーを下に倒すことで、針がゆっくりと落ちていきます。

緊張の一瞬・・・!

 

上がっているレバーを

 

倒す!!!!!

 

すると

針が落ちた!!!

 

横から見た図。

 

針が溝の部分までたどり着けば、曲が流れ出します。

おめでとうございます!!!

 

音はプレーヤー本体の側面から流れます。

持ち手の左右がスピーカーになっています。

 

以上、ポータブルレコーダーの使い方でした。

お疲れ様でした。

 

音楽好きにはレコード&ストリーミングのミュージックライフがおすすめ

僕は、世の中の「音楽好き」は、皆ストリーミングとレコードで音楽を聴くべきだと考えています。

これらについては以下の記事にまとめてあるので、音楽好きにはぜひ読んでいただきたい!

関連記事:音楽好きこそ、CDではなくレコードを聞くべき理由。

関連記事:8サービスを体験した筆者がおすすめする音楽ストリーミングとは?

関連記事:邦楽好きにおすすめのストリーミングサービスは「AWA」と「レコチョクBest」

関連記事:邦楽も近いうちにストリーミング配信されると言いきれる理由とは?

(↑この記事を書いた10日後にミスチル、1ヶ月後に椎名林檎の全曲配信が開始されました。)

ぜひ、利用をご検討ください!

それでは、また次回。

にょけん

スポンサーリンク