ファンクラブ会員解説!スピッツ「歩き出せ、クローバー」歌詞の意味は?

スポンサーリンク

 

こんにちは、音楽漬け人間にょけん(@nyoken_box)です。

地味だがファン人気の高いスピッツの曲といえば、「歩き出せ、クローバー」ではないだろうか?

今うなずいた方、もれなくトモダチだ。

そんなトモダチたちに、僕が「歩き出せ、クローバー」における歌詞の魅力を熱弁したい。

そして、首が取れるほどうなずいて共感してほしい。

 

「歩き出せ、クローバー」の歌詞は「戦争と恋と人生」

この歌を一言でいうなれば、「戦争と恋と人生」だ。

「愛しさと切なさと心強さ」

「部屋とYシャツと私」

「俺とお前と大五郎」

これまで、多くの三本柱を目にしてきただろう。

皆様には、今日、新たに脳に刻んでほしい。

「歩き出せ、クローバー」は草野マサムネが映画「フォレスト・ガンプ」に影響を受けて作った。

これは、初期〜中期におけるスピッツのインタビューを集めた著書「スピッツ」に明記されている。

著書「スピッツ 」

1stアルバム「スピッツ」〜8thアルバム「フェイクファー」発売まで、スピッツのインタビューを集約した1冊。

各アルバムの制作秘話や、メンバー1人ひとりの2万字インタビューなど、ファンならよだれものだ。

マサムネによる作詞作曲のコダワリなどに多く言及されていて、読み応え十分の超おすすめ本だ。

とりあえず、僕もフォレスト・ガンプを観てみた。

鑑賞後に歌詞を眺めたとき、「なるほど」と思った2つをあげてみる。

※以下「フォレスト・ガンプ」のネタバレを含みます。

 

①1番Bメロ:戦闘機と君の声

戦闘機よりも あからさまな

君の声 優しいエナジー

直前のAメロでは、恋やらクローバーやら可愛らしいワードが並んでいるが、いきなり「戦闘機」が登場する。

そして、この戦闘機と対比されているのが「君の声」だ。

また、君の声は「優しいエナジー」と同意で、戦闘機よりも「あからさま」とも言っている。

まとめると以下になる。

君の声=優しいエナジー>戦闘機

解説するので、まずは上の方程式を頭においてほしい。

 

「君の声」とは?

「君」は、フォレスト・ガンプの主人公(フォレスト)が恋した女の子(ジェニー)と考えられる。

フォレストは、「IQが低い・うまく歩けない」など、軽い発達障がいを持っている。

そんなフォレストは、小学生の頃、スクールバスで同級生から「隣に座るな」や「向こうへ行け」など罵倒されてしまう。

しかし、ジェニーは「隣に座ってもいいよ」と声をかけてくれるのだ。

僕が注目したのは「字幕」

上に述べたシーンの字幕が、「昔の記憶はあまりない。でも、この世で一番優しい声を聞いたときは覚えている」なのである。

僕は「歩き出せ、クローバー」ありきで映画を観ていたので、「”君の声 優しいエナジー”は完全にこれだ」と感じた。

この箇所は、「戦争と恋」である。

 

「戦闘機」とは?

Aメロでは、恋やクローバーなどの単語が並んでいたのに、突然の戦闘機である。

これは、フォレスト・ガンプを観ないと絶対に分からない。

映画に戦争のシーンが登場するのだ。

青年となったフォレストは、陸軍兵士として戦争に赴くことになる。

戦争なので当然、激しい銃撃戦や空爆が起きる。

結果、ォレストは兵役中に出来た親友を失ってしまうのだ。

この辛い経験を乗り越えるエナジーとして、「君の声」を思い出しているのではないだろうか?

以上により、

君の声=優しいエナジー>戦闘機

という方程式が成り立つ。

また、インタビューにて、マサムネは以下の発言もしている。

フォレスト・ガンプで印象的なシーンは戦争での銃撃戦だ。

印象的なシーンが戦争であり、上記のシビアなメッセージが込められているとするならば、上記の捉え方が自然であろう。

 

②Cメロ(2番サビ終わり)

だんだん解ってきたのさ

見えない場所で作られた波に

削りとられていく命が

混沌の色に憧れ 完全に違う形で

消えかけた獣の道を歩いていく

こちらも、「戦争」を思わせる歌詞だ。

「見えない場所で作られた波が命を削りとる」とは何を表しているだろうか?

僕は、国のトップが勝手に決めた戦争により、一般人が死んでいくことを嘆いているように感じた。

何より、フォレストはこれによって親友を失っている。

そして、後半はジェニーの人生について描いているように思える。

ここで、ジェニーの生い立ちについて触れておこう。

ジェニー's ヒストリー

 幼少期に酒浸りの父親から逃げる

→歌手になる夢を持つがうまくいかない

→ミュージシャン仲間と麻薬に手を出す

→身体がボロボロになる

フォレストに優しい声をかけてくれたジェニーは、このように屈折した人生を送る。

しかし、フォレストは一途なので、ずっとジェニーを思い続け、最終的にはジェニーと結婚するのだ。

が、ほどなくしてジェニーは病死。

麻薬でボロボロになった身体は、治しようがなかった。

「アル中の父親」「麻薬をすすめたミュージシャン」など、フォレストの知らないところで作られた波が、ジェニーの命を削りとっていたのだ。

そして、Cメロの後半部は、ジェニーの生き方を描いている。

“混沌の色に憧れた”ジェニーは麻薬に手を出し、フォレストとは”完全に違う形で”、なんとか道を見つけて歩いて行ったのだ。

こちらは、「戦争と人生」を表している。

 

ちなみに、Cメロでは楽器でも戦争を表している。

イヤホンで聞くと分かりやすいが、歪んだギターが左右に飛び交っているのように振られている。

この様子は、「銃撃戦」を想起させてならない。

 

スポンサーリンク

歩き出せ、クローバーの歌詞は「戦争と恋と人生」

今回は歌詞のうち2ヶ所に触れたが、全体としてのテーマも「戦争と恋と人生」であろう。

なぜなら、草野マサムネはインタビューでこう語っている。

クローバーはぬくぬく育った人間の象徴

恵まれた社会でもいつ戦場で生死の境目をさまようか分からない

やはり、テーマの比重としては戦争が大きい。

そして、その中でも恋と人生を全うしていく主人公。

まさに、フォレスト・ガンプを描いている。

この裏テーマを意識して聴いてみると、楽器のアレンジなどにも面白い工夫があることにも気づくだろう。

 

音楽好きにはストリーミング&レコードがおすすめ

本題とはズレるが、1つだけ話を聞いてほしい。

僕は、世の中の「音楽好き」は、皆ストリーミングとレコードで音楽を聴くべきだと考えている。

これらについては以下の記事たちにまとめてあるので、音楽好きには、ぜひ読んでいただきたい。

関連記事:音楽好きこそ、CDではなくレコードを聞くべき理由。

関連記事:8サービスを体験した筆者がおすすめする音楽ストリーミングとは?

関連記事:邦楽好きにおすすめのストリーミングサービスは「AWA」と「レコチョクBest」

ただ、ストリーミングサービスにおいて、残念ながらスピッツはシングル曲以外まだ未配信だ。

しかし、以下の記事の通り、配信開始となるのも時間の問題だ。

関連記事:邦楽も近いうちにストリーミング配信されると言いきれる理由とは?

(この記事を書いた10日後に、ミスチルは全曲配信が開始された。)

ぜひ、利用を検討してみてほしい。

それでは、また次回。

スポンサーリンク