スピッツ有名曲「スパイダー」「運命の人」が好きな人におすすめ5曲!

スポンサーリンク

 

こんにちは、スピッツファンクラブ会員にょけん(@nyoken_box)です。

今日お伝えしたいことは、タイトル通り。

スピッツといえば「チェリー」「ロビンソン」ですが、もう少し好きな人は次の曲あたりもピンと来るでしょう。

  • スパイダー
  • 運命の人
  • 青い車

いわゆる「シングルコレクション(≒ベスト盤)は聴いたことある!」という方々ですかね。

今回は、そんなあなたに向けて、もうちょっとディープなスピッツを紹介します。

有名アルバム曲が中心です!

 

スパイダー、運命の人、青い車が好きな方は、スピッツにハマる素質あり

そもそもの話ですが、先ほど挙げた3曲が好きな人、スピッツに詳しいです。

スピッツ=「チェリー」「ロビンソン」だけと思っている人はマジで多いんで。

せいぜい知ってて「空も飛べるはず」かな?

こんな世の中で、「スパイダー」を知っていてくれてありがとうと感じます。

僕は社会人になって、「スピッツが好き!スパイダーとか好き!」って言ったら、「へえ〜知らないなあ〜」と返されたクチなので。

もうスパイダー知っている人、全員飲みに行こう。

話が逸れましたが、「スパイダー」「運命の人」「青い車」が好きならば、スピッツのディープな部分にハマる素質ありまくりです。

てなわけで、これから紹介する5曲を絶対聴いてみてください。

絶対!

 

ちょっとディープなスピッツ5曲

①桃

 

「みずみずしさ」がハンパないです。

この曲を作った当時、メンバー全員39歳。

肌ツヤ最強のおっさんたちが作ることで、肌ツヤ最強の曲になっていますね。

美魔女はスピッツを見習え。

そんな「桃」ですが、歌詞と曲の双方で素晴らしい部分があります。

まず、次の歌詞が最高。

他人が見ればきっと笑い飛ばすようなヨレヨレの幸せを追いかけて

シャツに対して以外、誰も使ってこなかった「ヨレヨレ」という単語を、あろうことか「幸せ」にぶち込んでいます。

さらに、「ヨレヨレ」の持つ「だらしない」というマイナスイメージを、「他人が見ればきっと笑い飛ばすような」の譲歩を入れることによって、「他人には分からない自分にとっての幸せ」といった意味にプラス変換しているんですよ。

1行にどんだけ要素詰め込んでくるんだ・・・!

天晴れ。

曲に関しての注目は「サビへの入り方」

あまりにも滑らかにサビへ突入するので、気づいたときには1番が終わっています。

一瞬「え、もうサビ終わり?」と思うけど、直後に聴こえるギターとピアノのフレーズが最高すぎて、満足感たっぷりなんですよ。

世間的にもイメージがある「スピッツ=みずみずしい爽やかさ」を象徴する曲です。

 

②夜を駆ける

 

「桃」とは打って変わって、スピッツのダーク&クールな一面が見えます。

この曲は何といっても、歌詞が最高。

全編通して、スピッツで1・2位を争うくらい大好き。

中でも僕が好きな歌詞か以下。

似てない僕らは細い糸で繋がっている

よくある赤いやつじゃなく

本当は全て好きなので、血ヘドを吐く思いで選びました。

「よくある赤いやつじゃなく」がすご過ぎますよね。

「男女が糸で繋がっている」といえば、普通に「赤い糸」を想像するじゃないですか?

これを明確な言葉で裏切るんですよね、唐突に。

スピッツは、メルヘンな世界を描いているようで、急に現実感がニュッと顔を出すんですよ。

このギャップで「うおぉ、かっけえ・・・」となります。

元祖ギャップ萌えですよ。

ちなみに、イントロのピアノフレーズは、名プロデューサー亀田誠治さんが考案したフレーズです。

東京事変のベーシストでありつつ、平井堅・いきものがかり・秦基博などのプロデュースも手がける、音楽業界の神童ですね。

 

③8823

イントロからサビまでが超超超カッコいいので、本当はフルで聴いていただきたい。。。

iTunesのプレビュープレイヤーは、何でこんな中途半端な部分を切り取ったんだ。。。

曲の読み方は「ハヤブサ」です。

スピッツのロック魂を炸裂させた曲で、激しさと疾走感があります。

「スピッツはロビンソンとチェリーの人」ってイメージの人が、1番衝撃を受ける曲じゃないかなぁ、多分。

生演奏だと盛り上がるので、ライブではほぼ必ず歌われますね。

スピッツって本当に演奏が上手いので、ライブで聴くと最高なんですよ。

8823に関しては、ドラムが神です。

スピッツのドラマー崎山さんは元々テクニシャンなのですが、8823まではマサムネさんの歌を活かす「シンプルな演奏」を心がけていました。

しかし、8823でプロデューサーが石田ショーキチさんに替わり、「もっとぶっ壊していいんじゃない?」とアドバイスされたことで覚醒したんですね。

石田ショーキチさんの発言がきっかけで、「出るところは出る。引くところは引く。」というメリハリのある演奏が指針として立ったようです。

>>スピッツのライブ定番曲については、以下でもまとめています。

スピッツはライブが最高!ファンクラブ会員が魅力と定番曲を教える

2017.12.26

 

④フェイクファー

 

ノスタルジーを感じさせるメロディラインと、気だるげでどこか儚い演奏。

スピッツの「爽やかな部分」と「ドロッとした部分」が、ちょうど半分ずつブレンドされたような印象です。

ちなみに、「フェイクファー」はアルバム名にもなっており、ファンにも人気の高い作品です。

スピッツファンは基本的に根暗や控え目な人が多い(偏見)ので、すごく刺さるんですよ。

かくいう僕も根暗なので、3本の指に入る名アルバムと感じています。

しかし、草野マサムネさんにとっては、「未だに聴きたくないアルバム」であるそう。

というのも、最も苦しみもがきながら作ったアルバムであるにも関わらず、最終的に納得がいかないままリリースを迎えたから。

この辺の話の詳細は、以下の本に書いてあります。

スピッツファンであれば、相当楽しめる本ですよ。

 

⑤初恋クレイジー

 

最後は、皆さんが持つスピッツのイメージ像をそのまま反映した曲。

最初に挙げた「スパイダー」「運命の人」「青い車」を好きな人は、スピッツの「爽やかさ」に加えて、「危うさ」にも惹かれていると思うんですよ。

例えば、それぞれこんな歌詞が登場します。

スパイダー

だからもっと遠くまで君を奪って逃げる

運命の人

ここにいるのは優しいだけじゃなく偉大な獣

青い車

そして輪廻の果てへ飛び降りよう

爽やかさの裏に「危うさ」が潜んでいるのが分かりますよね?

その点、この曲はタイトルに「クレイジー」と付いています。

単にピュアストーリーを歌うだけでなく、野性を感じさせるんですね~。

そんな曲だから、いつ聴いても、「うわあ~スピッツ以外に作れないし歌えない~」と感じます。

さらに、スピッツ最大の特徴である「マサムネさんの声」を極限まで活かしていますからね。

技術的にスゴイ歌手がビブラートめっちゃかけて歌っても鼻につくし、ゴリゴリのロッカーが眉間にしわ寄せて張り上げてもブチ壊し。

滑らかでクドさが全くないマサムネさんの高音じゃないと成り立ちません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

「スパイダー」「運命の人」「青い車」あたりが好きな方向けに、スピッツのおすすめ5曲を紹介いたしました。

スピッツライトファン層におすすめの5曲
  1. 夜を駆ける
  2. 8823
  3. フェイクファー
  4. 初恋クレイジー

今回は、全てアルバム収録曲から選んでみました。

スピッツはポリシーとして、「ベスト盤ではなくシングルコレクションしか出さない」ので、アルバム曲は中々ディープな部分なんですよ。

「いやいや・・・今回紹介された曲はちょっとディープすぎるよ・・・」という方は、以下の記事をどうぞ!

【スピッツ初級】

[wp-svg-icons icon=”arrow-down-right” wrap=”i”]「チェリーとロビンソンしか知らねえ!」という人はこちら。[wp-svg-icons icon=”arrow-down-left” wrap=”i”]

「スピッツはチェリーとロビンソンしか知らない!」という人に聴いて欲しいおすすめ5曲

2018.03.11

 

逆に、「この程度の有名アルバム曲は知っているよ!」という人は、次の記事どうぞ!

【スピッツ上級】

[wp-svg-icons icon=”arrow-down-right” wrap=”i”]「夜を駆ける、8823だって知ってるぜ!」という人はこちら。[wp-svg-icons icon=”arrow-down-left” wrap=”i”]

「夜を駆ける」「8823」を知ってる人におすすめ!スピッツのマイナー名曲5選

2018.04.04

【スピッツマニア向け】

[wp-svg-icons icon=”arrow-down-right” wrap=”i”]本当に隠れたスピッツの名曲を知りたい人はこちら。[wp-svg-icons icon=”arrow-down-left” wrap=”i”]

【スピッツガチファンへの挑戦状】スピッツの本当に隠れた名曲5選。

2018.04.06

紹介した曲が「良いな!」と思っていただけたら嬉しいです!

にょけん

スポンサーリンク