スピッツ「チェリー」はカラオケの地雷!原曲キーは死ぬから注意

スポンサーリンク

 

こんにちは、スピッツファンクラブ会員にょけん(@nyoken_box)です。

スピッツのチェリーをカラオケで歌ったことはありますか?

 

多くの人がうなずいているでしょう。

  • 有名
  • 覚えやすいメロディ
  • 気取らない雰囲気

カラオケ鉄板の3拍子が揃っていて、「置きにいける曲」として最適っぽいんですよね。

気づきましたか?

そう、最適“っぽい“だけなんですよ。

歌ったことがある人は分かると思いますが、チェリーは原曲キーで歌うのめちゃめちゃ難しいです。

特に厄介なのが、鼻歌で何となく歌えてしまうところですね。

チェリー被害者のゴールデンルート

鼻歌で何となく歌える
→意気揚々と曲を入れる
→出だしからキーが高い
→必至にサビ前まで歌うが限界
→サビで無事撃沈

悲しい。あまりにも悲しい現実。

愛してるの響きだけで強くなれた気がしたけど、気のせいだった。

被害者を増やさぬよう、チェリーが難しい理由と対応策を述べていきます。

 

スピッツ「チェリー」を原曲キーで歌うのが難しい理由

難しい理由①:出だしからキーが高い

チェリーは出だしからキーが高いです。

歌い始めて3秒で、「あれ…?キツい…?」ってなりますね。

ちょっと出だしの4小節を見てみましょう。

君を忘れない

曲がりくねった道を行く

生まれたての太陽と

夢を渡る黄色い砂

音階でいうと、下のようになります。

ド ド ド ド レ  ファ レ〜

ソ ソ ラ ラ ラ ミ ラ シ ド レ ミ〜

  ファ ファ ファ ファ ファ  レ ド 

  ファ ファ ファ ファ ファ  レ ド レ

 

色を付けた「ミ」「ファ」「ソ」に注目してください。

※色を付けていない「ミ」「ソ」は1オクターブ下の低音です。

これがどの程度の高さなのか、他のアーティストの曲で表してみます。

 

「ミ」は福山雅治「虹」で最も高い音

サビ最後の「すあぁ とびいぃたぁとうぅ」(福山風に)の、「た」と同じ高さです。

 

「ファ」は藤井フミヤ「TRUE LOVE」で最も高い音

2番サビの「きみだけしかいなくて〜」の、「て~」と同じ高さです。

 

「ソ」はレミオロメン「3月9日」で最も高い音

サビ「まぶたのうら〜にいることで〜」の、「の」「こ」と同じ高さです。

 

レミオロメン、めっちゃ頑張って声出してません?

チェリーは、Aメロでサラッとこの高さを出す必要があります。

てか、「ミ」「ファ」も普通に高音なのに連発していますからね。

結構キツいです。

てわけで、チェリーを原曲キーで歌うのが難しい理由①は、出だしからキーが高いからでした。

 

スポンサーリンク

難しい理由②:サビの「ひーびーきー」が鬼畜

愛してるの響きだけで

強くなれる気がしたよ

ささやかな喜びを

つぶれるほど抱きしめて

超有名なサビです。

でも、歌うと鬼ムズイ。

特にヤバいのが「ひーびーきー」の部分です。

音階でいうと、「ミー ソー ラー」と上がっています。

ここで初登場した「ラ」

例によって他の曲で表しましょう。

 

「ラ」はレミオロメン「粉雪」で最も高い音

サビ「こなあああゆきぃ〜」の「なあああ」と同じ高さです。

またレミオロメンが叫んでいますね。

 

「ラ」の高さも分かったところで、今度は「ひーびーきー」を、別アーティストの曲で表してみましょう。

「ひーびーきー」=「ミー ソー ラー」を他の曲で表すと?

:福山雅治/虹「さぁとびたとう〜」の「た」

:レミオロメン/3月9日「まぶたのうら〜に」の「の」

:レミオロメン/粉雪「こなあああゆきぃ〜」の「なあああ」

これを一息で歌い上げてみてください。

しかも、声を張りあげることなく。

無理ゲーですね?

レミオロメンが壊れちゃいますよ。

でも、まだ「ひーびーきー」の恐怖は終わりません。

 

「ひーびーきー」は全て発音しにくい「イ段」

実は、日本人が最も苦手な発音が「イ段」です。

口を横に広げるので、詰まった音になりやすいんですよね。

例えば、粉雪の「なあああ」はア段で口を広げられる分、発声しやすいです。

では、あの歌のタイトルが「おしぼり」だったらどうですか?

おしぼり by レミオシボリ

サビは「おしいいいぼり~」となりますね。

「しいいい」で死にそうになりません?

チェリーは、「おしぼり」をやってのけているわけですよ。

てわけで、チェリーを原曲キーで歌うのが難しい理由②は、サビの「ひーびーきー」が鬼畜だからでした。

 

ただでさえ出だしからキーが高いのに、それを越えた先には「おしぼり」が待っています。

かなりエグい。

そこで、次から対策を考えていきます。

 

スピッツ「チェリー」をカラオケで無理なく歌うには?

①キーを下げる

もっとも手軽、かつ現実的なのがこれ。

チェリーは、メロディラインが覚えやすい&歌いやすいです。

鼻歌で簡単に口ずさめるのも、メロディがわかりやすいからなんですね。

問題はキーが高いことなので、下げちゃえばいいのです。

普通の人は「何かキー違くない?」とか気づかないし、思っても言わない。

「これキー違うじゃんwww」とかほざくやつは、カラオケ不適合者なのでドリンクに下剤を盛りましょう。

下手に原曲キーにこだわる必要はないですよ。

てか、女性が原曲キーで桑田佳祐を歌っていたら僕は怖いです。

 

②原曲キーで歌いたいなら、ミックスボイスを習得しよう

キーを下げればいいと述べましたが、原曲が好きであればあるほど、原曲キーで歌いたいという気持ちも分かります。

特に、スピッツの曲は、キーを下げるとなんか雰囲気が暗くなる傾向があるので。

「どうしても原曲キーで歌いたい!」という場合は、ミックスボイスを習得する必要があります。

ググると色々出てきますが、ざっと習得方法を示すと以下の通りですかね。

ミックスボイスを出すには?
  • あくびを我慢しているような口で歌う
  • 前ではなく、上に向かって声を出す
  • 喉仏を上げない
  • リラックスする
  • 腹式呼吸をする

うん。

「あれこれ言うんじゃねえ!」

って思いません?

「いっぺんに言われてもできるかボケ!」

って感じません?

こんなもんね、

  • 右手で絵を描く
  • 左手で太鼓の達人する
  • 両目で間違い探しする
  • 両耳で英語のリスニング問題を解く
  • 両足でタップダンスする

これ同時にやれって言ってるようなもんでしょ?(極論)

てわけで、個人的におすすめの方法を2つ紹介します。

①遠くの人に呼びかけるように歌う

両手でメガホンを作り、遠くの人に『おーい!』と呼びかけるイメージで歌う、という手法です。

ただ、怒鳴るようにすると息が持たないので、「呼びかける」イメージが大事です。

この動作が、無理せず自然と高音を出すときの動きに近いんですね。

 

②英語っぽい発音で歌う

英語圏の人がカタコトで喋るのをイメージして歌う、という手法です。

「アーイシテールーノ ヒービーキーダーケデ」みたいな感じですね。

英語は喉を開いて発音する言語なので、英語風に歌うと声が出やすくなるんですよ。

ただ、やりすぎると不自然だから、ちょっと調整が難しいですがね。

 

スピッツ「チェリー」カラオケでの注意点まとめ

スピッツ「チェリー」を原曲キーで歌うのが難しい理由、および対策について述べてみました。

もう一度、軽くまとめておきましょう。

チェリーを歌うのが難しい理由と対応策

◆チェリーを歌うのが難しい理由

  1. Aメロからキーが高い
  2. サビの「ひーびーきー」が鬼畜

 

◆カラオケで歌うときの対策

  1. キーを下げる
  2. 原曲キーで歌いたいなら、ミックスボイスを習得する

※ミックスボイス習得には?

  • 遠くの人に呼びかけるように歌う
  • 英語で歌うように歌う

原曲キーで歌うためにミックスボイスを習得したい人は、当たり前ですがプロに習うのが手っ取り早いです。

と言っても、教室とか通う必要はないと思いますけどね。

いまなら、YouTubeに無料レッスン動画とかも大量にあったりするので。

YouTubeで「ミックスボイス」って調べてみてください。

腐るほど、レッスン動画が出て来ます。

その中で、「この人の説明が分かりやすい!」って人を見つけてみると良いでしょう。

チェリーを原曲キーで歌えるようになったら、難しさがわかる人には尊敬されるので頑張ってみてください!

ちなみに、スピッツ「楓」は絶対に原曲キーNGです。チェリーよりも断然ヤバいです▼

関連記事:スピッツ「楓」を男がカラオケで歌うときの3つの注意点とは?

それでは、今日はこの辺で!

にょけん

スポンサーリンク