スピッツ「チェリー」をカラオケで安易に歌わない方が良い

スポンサーリンク

 

こんにちは、スピッツファンクラブ会員にょけん(@nyoken_box)です。

皆さん、スピッツのチェリーをカラオケで歌ったことありますか?

多くの人がうなずいていますね〜。

  1. 有名
  2. 覚えやすいメロディ
  3. 変に気取らない

カラオケ鉄板の3拍子が揃っているので、「置きにいける曲」として最適そうなんです。

気づきました?

最適そう”なだけです。

歌った人は分かるでしょうが、チェリーは歌うのめちゃめちゃ難しい。

チェリーを歌って失敗する人のパターンを書いてみます。

厄介なのが、「鼻歌で何となく歌えてしまう」という点です。

チェリー被害者のゴールデンルート

鼻歌で何となく歌える。

→意気揚々と曲を入れる。

→出だしからキーが高い。

→必至にBメロまで歌う。

→サビで無事撃沈。

 

 

被害者を増やさないよう、チェリーが難しい理由と対応策を述べてみます。

 

スポンサーリンク

難しい理由①:Aメロからキーが高い!

出だしの「きみをわすれない〜」

音階でいうと「ド ド ド ド レ ミ ファ レ〜」です。

「ミ」「ファ」に注目です。

 

「ミ」は福山雅治「虹」で最も高い音です。

サビ最後の「すあぁ とびいぃたぁとうぅ」(福山節)「た」がそうですね。

 

「ファ」は藤井フミヤ「TRUE LOVE」で最も高い音です。

2番サビ「きみだけしかいなくて〜」「て~」の部分ですね。

 

あれ…??

なんか…Aメロから高くね…??

不穏な空気ですが先に進みます。

 

Aメロの後半「ゆめをわたるきいろいすな〜」の、”め”は「ソ」です。

あかん…また上がった…。

これと同じ高さの曲は何だ?

答えましょう。

レミオロメン「3月9日」のサビ、「まぶたのうら〜にいることで〜」における、「の」「こ」と一緒。

 

※余談ですけど、PVがめちゃめちゃ良いので載せときます。堀北真希かわいすぎか。

 

てか、「の」「こ」のところ、レミオロメンめっちゃ頑張ってるじゃん。

チェリーって、Aメロでこの高さ出しちゃうの?

出しちゃいます。それもあっさりと。

チェリーのキーがいかに高いか、お分かりいただけましたでしょうか??

Aメロだけで、福山雅治、藤井フミヤ、レミオロメンを抜き去ります。

 

難しい理由②:サビの「ひーびーきー」が鬼畜!

「あーいしてーる〜のひーびーきーだけで〜」です。

「ひーびーきー」ですが、音階が「ミーソーラー」と上がっています。

 

ここで、初めて登場の「ラ」

例によって他の曲で言うと、レミオロメン「粉雪」の最高音。

こなあああゆきぃ〜」の「なあああ」です。

またレミオロメンが叫んでいます。

 

「ラ」の高さも分かったところで、「ひーびーきー」=「ミーソーラー」を、他の歌の音階で表してみましょう。

 

「ミ」

福山雅治/虹「さぁとびたとう〜」の「た」

 

「ソ」

レミオロメン/3月9日「まぶたのうら〜に」の「の」

 

「ラ」

レミオロメン/粉雪「こなあああゆきぃ〜」の「なあああ」

 

これを一息で歌い上げるということです。声を張りあげることなく。無理ゲーです。

レミオロメンが壊れちゃいます。やめてあげて。

 

さらに凶悪なのが、「ひーびーきー」は全部「イ段」なんですね。

日本人が最も苦手とするのが、この「イ段」の発音なんですよ。

考えてみてください。

粉雪の「なあああ」はア段なので、口を広げて発声できる分、音が出しやすいんですよ。

 

じゃあ、歌のタイトルが「おしぼり」だったらどうですか?

おしぼり by レミオシボリ

サビの「おしいいいぼり~」の、「しいいい」で死にそうになりません??

チェリーは、「ひーびーきー」で、この「おしぼり」をやってのけているわけです。

どうでもいいけど、「おしぼり」でも「心まで白く染められたなら」って歌詞がハマりますね。

 

 

 

 

対応策

 

①キーを下げる

もっとも手軽、かつ現実的なのがこれです。

チェリーはメロディラインだけなら、覚えやすいし歌いやすいです。

鼻歌で簡単に口ずさめるのも、分かりやすいメロディだからですね。

問題はキーが高いことなので、下げちゃいましょう。

普通の人だったら、「何かキー違くない?」とか思わないですし、思ったとしても言いません。

「これキー違うじゃんwww」とか言うやつは、カラオケ不適合者なので、ドリンクに下剤を盛りましょう。

 

②原曲キーで歌いたい場合は、ミックスボイスを習得する。

とはいえ、原曲キーでこそ、チェリーの春らしさが出るのも事実。

「どうしても原曲キーで歌いたい!」という場合は、ミックスボイスなるものを習得する必要があります。

習得方法は、ググると色々出てきますが、ざっとこんなもんでしょうか。

  • あくびを我慢しているときの口で歌う。
  • 前ではなく、上に向かって声を出す。
  • 喉仏を上げない。
  • リラックスをする。
  • 腹式呼吸で歌う。

正直、「あれこれ言うんじゃねえ!」って感じですよね。

「リラックスをする」にいたっては、「色々いっぺんに言われているのにできるか!」ってなもんです。

というわけで、個人的なおすすめ方法を2つお教えします。

 

①遠くの人に呼びかけるように歌う。

「両手でメガホンを作って遠くの人に『おーい!』と呼びかけるイメージで歌う」という手法です。

ただ、怒鳴るようにすると息が持ちませんので、呼びかけるイメージです。

山びこを聞くときの「やっほー!」などにも近いでしょうか。

このとき、無理せず自然と高音を出すときの動きになるんですね。

 

②英語で歌うように歌う。

「英語圏の人がカタコトで喋るのをイメージして歌う」という手法です。

「アーイシテールーノ ヒービーキーダーケデ」みたいな具合。

英語は喉を開いて発音する言語なので、英語風に歌ってみると声が出やすくなったりします。

やりすぎると不自然なので、ちょっと調整が難しいのですが。

 

まとめ

スピッツ「チェリー」を歌うのが難しい理由、対応策が分かっていただけましたでしょうか。

ちなみに、最近人気の「楓」も注意してね、という記事も書いています。是非ご覧あれ。

スピッツ「楓」カラオケで男は歌わない方が良い。

2018.02.06

まぁ、草野マサムネ本人は、たまたま自分に合うキーが高音だっただけで、「低い声で歌いたい…」と悩んでいたらしいですからね。

「自分に合ったキーで歌うのが1番大事」とも言っていましたし。

原曲キーで声を張り上げて歌ってしまうと、スピッツの良さが消えてしまうし、変なテクニックを入れても聴きづらいでしょうから、キーを下げて歌うのがベストだと感じますよ。

にょ犬

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です