スピッツの曲(メロディ)の特徴をチェリー・ロビンソンから探ってみた。

スポンサーリンク

 

こんにちは、スピッツファンクラブ会員のにょ犬(@nyoken_musicbox)です。

CMでスピッツの曲が流れたとき、知らない曲でもすぐにスピッツと気づきません?

もちろん、まずはマサムネさんの声で判断できます。

ただ、実はメロディラインだけ見ても、「あ、スピッツだ」となる要素がいくつかあるんですよ。

代表曲の「チェリー」「ロビンソン」を使って、マサムネメロディの秘密に迫りましょう。

 

スポンサーリンク

①1ブロックの中で音階の高低差を自然に付けている。

邦楽には「Aメロ・Bメロ・サビ」のようにブロックがあり、大部分が以下のパターンで進みます。

典型的な邦楽
  • Aメロ:抑揚を抑える
  • Bメロ:徐々に上げる
  • サビ:一気にメロディアス

Aメロ・Bメロ・サビを通して、音が「1.5オクターブ」くらい移動するのが一般的。

1オクターブとは?

1オクターブ=「ドレミファソラシ」のこと。

「低いド」と「高いド」を使っていたら、1オクターブ移動したと言えます。

もちろん、低いレ〜高いレなども1オクターブ。 

一般的な曲が、曲を通して「1.5オクターブ」移動する。

対してスピッツは、1ブロック内で幅広く音階を使います

スピッツの音程の振り幅を少し見てみましょう。

ブロック内の最低音青字最高音赤字です。

チェリーAメロ【8小節】

1〜2小節目

「君を忘れない」→「ドドドドレミファレ」

 

3〜4小節目

「曲がりくねった道を行く」→「ソソラララミラシドレミ」

 

5〜6小節目

「産まれたての太陽と」→ 「ミミファファファファファミレドミ」

 

7〜8小節目

「夢を渡る黄色い砂」→「ミファファファファファミレドレ」

最初の8小節で、「低いソ」から「高いソ」まで1オクターブの振り幅がある!

 

ロビンソンAメロ【4小節】

1〜2小節目

「新しい季節は なぜか切ない日々で」→「ド# ド# シ ド# ミ ファ# シ ラ シ シ シ ラ シ ミ ド# シ シ ラ# シ」

 

3〜4小節目

「河原の道を自転車で 走る君を追いかけた」→「ファ# ソ# ソ ソ ソ ラ ド# ソ ソ ソ ラ ド#  ソ ソ ソ ラ ド# ド# ド# レ ド# ラ ラ」

わずか4小節の間に「低いファ#」から「高いファ#」まで、やはり1オクターブの振り幅がある!

 

繰り返しになりますが、一般的には曲を通して1.5オクターブ移動するのに対し、スピッツは最初の数十秒で1オクターブ移動します。

実はAメロから相当メロディアスな展開になっているため、歌うのが難しいんですよ。

 

②低音と高音を一気に跨ぐ大ジャンプがある。

「低音と高音」を一気に移動する音があると、歌は難しくなります。

これを大ジャンプと呼ぶ。(僕だけ)

例えば、レミオロメンの「粉雪」

男性が苦戦する曲の代表でもありますね。

サビの「こなあああ」で「レ→ラ」と一気に上がるのが難しいのです。

喉のスイッチをコロッと切り替える必要があるのですが、常人ではなかなかうまくいかない。

マサムネは、粉雪と同じ、あるいは粉雪以上の高低差を曲の合間合間に入れています。

ロビンソン【Aメロ・サビ】

・Aメロ

「あたらしいきせつは」の「きせ」

→「ファ#→シ」と一気に下がります。

(粉雪と同じ高低差)

 

・サビ

「だーれもさわーれない」の「だーれ」

→「ファ#→ラ」と一気に下がります。

(粉雪よりも1音さらに高低差あり)

 

音階を上下する際は、「カエルの歌」のように段階を踏むのが普通です。

その方が歌いやすいから。

しかし、マサムネさんはサラッと大ジャンプをかまします。

ロビンソンのサビ大ジャンプを、「カエルの歌」で表すとどうなるでしょう。

 

かーえーるーのーうーたーがーきーこーえーてーくーるーよー」

最高音「て」から最低音「か」に一気に下がるんですね。

実際に歌ってみてください。

なかなか難しいことが分かるはずです。

これを曲中でサラッとやってしまうんですよね〜。

天才か!

 

③サビと同じくらい強烈なCメロがある。

スピッツを語る上で欠かせないのが、強烈なCメロです。

Cメロとは?

明確な定義はありません。

が、ここでは「2番のサビ終わり、ギターソロ終わりに1度だけ出てくるメロディライン」と定義します。

(少なくともスピッツにはこのパターンが多いです。)

チェリーでいうとここ。

どんなに歩いても辿り着けない

心の雪で濡れた頬

悪魔のフリして切り裂いた歌を

春の風に舞う花びらに変えて

チェリーにおいて、この部分めちゃくちゃ印象的じゃないですか?

実際、この8小節だけで抑揚あるメロディが成り立っていて、1つの曲のようなんですよ。

チェリー【Cメロ】

「どんなに歩いても辿り着けない」

→低音を連続させる

 

「心の雪で濡れた頬」

→徐々に音程を上げていく

 

「悪魔のフリして切り裂いた歌を」

再び低音を連続させる

 

「春の風に舞う花びらに」

再び徐々に音程を上げていく

 

「変えて〜〜〜Fu〜〜〜」

さらに突きあがる

 

このCメロだけでダイナミックな抑揚が付いているのに、これがサビの終わりにドカンと投入されるわけですよ。

 

そりゃあインパクト大なわけ。

印象的なCメロもスピッツの特徴です。

 

草野マサムネが織りなすメロディの秘密まとめ

マサムネが作るメロディには、いくつかの特徴がありました。

マサムネメロディの秘密

  1. 1ブロックの中で音階の高低差を自然に付けている。
  2. 低音と高音を一気に跨ぐ大ジャンプがある。
  3. サビと同じくらい強烈なCメロがある。

 

上の点を意識して曲を聴いてみると、マサムネさんのクセが分かって面白いですよ。

たまにはこんな風に分析をしてみるのも楽しいですね。

 

スピッツの有名曲を各種ストリーミングサービスで聴こう!▼

関連記事:音楽ストリーミング9コに登録した僕がオススメするサービスは?

関連記事:邦楽が好きなら「AWA」と「レコチョクBest」を無料体験すべし!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です