スピッツ冬の歌・冬ソングをファンクラブ会員が10曲厳選してみたよ

スポンサーリンク

 

こんにちは、スピッツファンクラブ会員にょけん(@nyoken_box)です。

「スピッツ×冬」って意外と相性がいいの知っていますか?

春のイメージが強いスピッツですが、あの切ない歌声は冬に聴くと沁みるんです。

てことで、冬に聴きたいスピッツの歌を、ファンクラブ会員が10曲厳選してみました。

 

スポンサーリンク

①雪風

 

1番分かりやすい冬ソングですね。

粉雪でも吹雪でもなく「雪風」ってあたり、メルヘンBOYマサムネのセンス炸裂です。

出だしの歌詞からシビレます。

まばゆい白い世界は続いてた
また今日も巻き戻しの海をエイになって泳ぐ

「過去に帰りたい」っていう気持ちを、「巻き戻しの海をエイになって泳ぐ」ですよ?

詩集出しましょう。

 

スポンサーリンク

②スカーレット

 

サビの歌詞から冬ソングと分かります。

離さない このまま時が流れても
ひとつだけ 小さな赤い灯を
守り続けていくよ
喜び 悲しみ 心ゆがめても
寒がりな二人を暖めて

スカーレットは「朱色」ですね。

これを「小さな赤い灯」なんて言っちゃうところが、メルヘンBOYマサムネ(2回目)

「寒がりな二人」っていう言葉だけで、寄り添うカップルの姿が浮かばせるのも天才的です。

 

③サンシャイン

めちゃめちゃ夏っぽい名前の冬ソング。

マサムネさんはサンシャインについて、ネガティヴさではなく「美しさ」を封じ込めていると言っていました。

WANIMAが「サンシャイン」って曲出したらアホほど暑苦しい太陽を想像しますが、マサムネのサンシャインは美しいんです。

特に美しい一節がコチラ

すりガラスの窓を あけた時に
よみがえる埃の粒たちを
動かずに見ていたい

窓をあけて埃がフワッと舞う様子を叙情的に表せます、普通?

詩人ですね〜。

 

④スターゲイザー

 

綺麗に星が見える冬にこそ、聴きたい曲ですね。

あいのりの主題歌で、マサムネは「告白の返事を待つ間の一晩」をテーマに歌詞を書きました。

ひとりぼっちがせつない夜
星を探してる
明日 君がいなきゃ 困る 困る

Aメロのここ、キュンキュンしちゃいます。

「明日君からの返事がOKじゃなかったら困っちゃうよ〜」って感じですかね?

カワEかよ。

最近は車のCMにも使われたので、ドライブにもオススメしたいです。

 

⑤魚

イメージは「深い青」(僕の中では)

冷たい海の中を1匹の魚が泳いでいます。(僕の中では)

ギター・キーボードの音が世界観を演出しているCoolな曲。

ちなみに、「スピッツでタイトル1文字の曲は名曲説」ってのがあります。

 

⑥エスカルゴ

 

ここらでロックなやつを1曲。

枯葉舞い 恋の雨が降る
よれながら加速していくよ
ハニー 君に届きたい
もう少しで道からそれてく
何も迷わない 追いかける
ざらざらの世界へ

「枯葉舞い」ってワードから、冬が連想できます。

「よれながら加速」した結果、「道からそれそう」だけど、「君に届きたい」から「何も迷わずに追いかけて」、道から外れた「ざらざらの世界」に入ったわけですね。

で、この曲のタイトルは鈍足代表「エスカルゴ(かたつむり)」ですよ。

ヤバあ…

 

⑦君が思い出になる前に

 

あまりにも有名なサビ。

君が思い出になる前に もう一度笑ってみせて
冷たい風に吹かれながら 虹のように今日は逃げないで

風が冷たい冬に聴くと、昔の恋が思い出されます(しみじみ)

実は、マサムネが初めて「売れ線」をゴリゴリに意識した曲でもあります。

発売当初は対してヒットしませんでしたが、後から評価されるようになりましたね。

 

⑧ほのほ

 

個人的チョーゼツ隠れ名曲。

歌詞がやべえので、1番まるまるどうぞ。

みぞれに打たれて 命とがらせて
煤けた街で 探し続けた
崩れそうな橋を 息止めて渡り
「気のせい」の先に 見つけたものは…

今君だけのために 赤い火になる
君を暖めたい
言葉にすれば 無様なことも
嘘じゃなくなるまで ずっと

みぞれに打たれるほどの厳しい寒さの中、君だけの赤い火になるんですよ?

かっけえ!言ってみてえ!

なお、僕は冷え性です(致命的)

 

⑨ただ春を待つ

 

春を待っている冬ソングです。

ただ春を待つのは楽しくも哀しく

サビの一節なんですが、俳句を極めたおじいちゃんみたいな心情ですね。

ただ、Cメロの歌詞に注目。

雪解けの上で
黄色い鐘の音が
密かに響く

スピッツには珍しく前向きな表現が出ています。

なんとなく「暖かい冬の日」がイメージできますね。

 

⑩さわって、変わって

 

ラストはスピッツらしいロックな曲で。

さわって 変わって
愛も花もない夜を超えて
さわって 変わって
春が忍び寄ってくる心地
優しい風 二人を包め

春が忍び寄っているので、冬とわかります。

でも、続く歌詞が意外。

マサムネは風を「冷たい」で形容することが多いんですが、珍しく「優しい風」と言っています。

さわって変わることで気持ちが暖かくなり、厳しい風も柔らかく感じるってことでしょうか。

遠回しすぎるけど、そんなマサムネの歌詞が大好きだゾ!

 

まとめ

まとめます。

<strong>スピッツ冬の歌・冬ソング</strong>
  1. 雪風
  2. スカーレット
  3. サンシャイン
  4. スターゲイザー
  5. エスカルゴ
  6. 君が思い出になるために
  7. ほのほ
  8. ただ春を待つ
  9. さわって、変わって

スピッツは「チェリー」「ロビンソン」「春の歌」など、春歌イメージが強いですが、冬ソングもなかなかオツですよ。

ぜひ聴いてみてください。

 

他にも、場面別スピッツのおすすめ曲まとめています▼

【キズを癒そう】スピッツの失恋ソング15選

2018.09.14

秋・夕暮れに聴きたいスピッツ15曲!楓以外にもたくさんあるよ!

2018.09.10

「青い車」だけじゃない!ドライブにオススメのスピッツ曲20選!

2018.09.08

【ファンクラブ会員厳選】結婚式でかけたいスピッツの曲16選!

2018.09.06

 

スピッツ小ネタ▼

 

スピッツのおすすめアルバム・曲セレクト▼

 

また、本ブログではスピッツの曲について、いくつか歌詞解釈もしています▼

よろしければ、それぞれご覧ください!

 

Twitterフォローしてね!!!

有益な無益をつぶやくよ↓↓↓

にょけん

スポンサーリンク